受賞作ドットジェイピー

第3回R-18文学賞

Wikipedia情報

R-18文学賞(アールじゅうはちぶんがくしょう)は、新潮社が主催する公募新人文学賞である。女による女のためのR-18文学賞ともいわれる。 応募者は女性に限られており、また選考委員の作家や下読みにあたる編集者も女性のみとしている。当初は、性について描かれた小説を対象とし、女性のためのエロティックな小説の発掘を目指していたが、第11回より「女性が性について書くことは珍しいことではなくなり、性をテーマにすえた新人賞としては一定の社会的役割を果たした」との理由で、募集作品を「女性ならではの感性を生かした小説」と改めた(官能をテーマとした作品も引き続き受け付ける)。第14回からは、選考委員に友近が加わり、友近賞が新設される。 最終候補作はウェブ上で公開され、選考委員の合議により選出する大賞と、ウェブ上の投票により選出する読者賞を設ける。受賞作は、『小説新潮』『yom yom』に掲載されている。受賞者には、正賞として大賞30万円、読者賞10万円が、副賞として体脂肪計付ヘルスメーターが贈られる。

受賞作一覧

2004

第3回

関連トピックス

依存症の親とどう向き合うか 一木けいが新作で描いた「家族」 - ニフティニュース アルコール依存の父、過剰飲酒の夫…“リアルすぎて痛い”一木けいの最新小説 - ananweb 椎名林檎も絶賛!! 『1ミリの後悔もない、はずがない』を読めば、きっと誰もが「ひりひり」したあの日のことを思い出す。 - ニコニコニュース 『キスから始まるものがたり』あらすじ&キャスト♡今世界中で海外版“ケータイ小説にティーンが夢中 (2020年7月29日) - エキサイトニュース - エキサイトニュース