受賞作ドットジェイピー

R-18文学賞

Wikipedia情報

R-18文学賞(アールじゅうはちぶんがくしょう)は、新潮社が主催する公募新人文学賞である。女による女のためのR-18文学賞ともいわれる。 応募者は女性に限られており、また選考委員の作家や下読みにあたる編集者も女性のみとしている。当初は、性について描かれた小説を対象とし、女性のためのエロティックな小説の発掘を目指していたが、第11回より「女性が性について書くことは珍しいことではなくなり、性をテーマにすえた新人賞としては一定の社会的役割を果たした」との理由で、募集作品を「女性ならではの感性を生かした小説」と改めた(官能をテーマとした作品も引き続き受け付ける)。第14回からは、選考委員に友近が加わり、友近賞が新設される。 最終候補作はウェブ上で公開され、選考委員の合議により選出する大賞と、ウェブ上の投票により選出する読者賞を設ける。受賞作は、『小説新潮』『yom yom』に掲載されている。受賞者には、正賞として大賞30万円、読者賞10万円が、副賞として体脂肪計付ヘルスメーターが贈られる。

受賞作一覧

2020

第19回

2019

第18回

2018

第17回

2017

第16回

2016

第15回

2015

第14回

2014

第13回

2013

第12回

2012

第11回

2011

第10回

2010

第9回

2009

第8回

2008

第7回

2007

第6回

2006

第5回

2005

第4回

2004

第3回

2003

第2回

2002

第1回

関連トピックス

アルコール依存の父、過剰飲酒の夫…“リアルすぎて痛い”一木けいの最新小説 - ananweb 依存症の親とどう向き合うか 一木けいが新作で描いた「家族」 - ニフティニュース 速報!第72回エミー賞(R)ノミネート発表スターチャンネル放送および配信作品が計72ノミネートを獲得『ウォッチメン』『ウエストワールド』 など作品賞、主演男優・女優賞ほか主要部門で多数ノミネート! - PR TIMES