受賞作ドットジェイピー

婦人公論文芸賞

Wikipedia情報

婦人公論文芸賞(ふじんこうろんぶんげいしょう)は、女性をテーマとした小説やエッセイなどの文芸作品に贈られた、中央公論新社が創設した文学賞。前身は女流文学賞。前年7月から当年6月までの作品に対して、10月に年1回の発表であった。受賞は選考委員の合議によって決定され、受賞者には正賞として記念品、副賞として100万円が授与された。 2006年から同賞を発展させる形で、中央公論文芸賞に継承された。 受賞作一覧 第1回から第5回 第1回 (2001年) 田口ランディ 「できればムカつかずに生きたい」 第2回 (2002年) 岩井志麻子 「チャイ・コイ」 第3回 (2003年) 角田光代 「空中庭園」 第4回 (2004年) 酒井順子 「負け犬の遠吠え」 第5回 (2005年) 桐野夏生 「魂萌え!」。

受賞作一覧

2005

第5回

2004

第4回

2003

第3回

2002

第2回

2001

第1回

関連トピックス

愚劣な政治家ばかりが幅をきかす現代においては、寓話としても機能するにちがいない、大変な傑作 - ニコニコニュース 美しい函館の街と美しい夫婦「レイモンさん 函館ソーセージマイスター」(Book Bang) - Yahoo!ニュース