受賞作ドットジェイピー

新潮エンターテインメント大賞

Wikipedia情報

新潮エンターテインメント大賞(しんちょうエンターテインメントたいしょう、2005年 - 2012年)は、新潮社とフジテレビが共催した公募新人文学賞。エンターテインメント小説であればジャンルを問わずに長編小説を募集する。選考は毎年違う作家1名が行う。受賞者には賞金100万円が授与され、受賞作は新潮社発行の小説誌『小説新潮』に抄録掲載、単行本化される。小説新潮長編小説新人賞のあとを受けたもので、第2回までは「新潮エンターテインメント新人賞」として開催され、第3回から「新潮エンターテインメント大賞」となった。

受賞作一覧

2012

第8回

2011

第7回

2010

第6回

2009

第5回

2008

第4回

2007

第3回

2006

第2回

2005

第1回

関連トピックス

第59回文藝賞贈呈式開催!安堂ホセ「ジャクソンひとり」、日比野コレコ「ビューティフルからビューティフルへ」がダブル受賞 - ほんのひきだし ブラックミックスでゲイの若者を通して差別構造を炙り出す(レビュー)(Book Bang) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 孤島に迷い込んだ青年が続ける業務 壮大な「会社員小説」 - 朝日新聞デジタル 人に頼ることが出来ない女子高生、助けたヤンキーの恩返しに胸キュン!『ひかえめに言っても、これは愛』 - ほんのひきだし 「舐めた態度で読んでもらえるようにしたかった」過激動画の張本人と疑われたブラックミックスの主人公を描いた作家・安堂ホセが語る(Book Bang) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 図書館で借りた本を破ってしまった時は? 図書を愛してやまない仲間と贈る図書館お仕事漫画『税金で買った本』 - ほんのひきだし 施設育ちの少年が神社に居候…のはずが、巫女の婿入りすることに!?巫女×三姉妹×一つ屋根の下の絶対正義ラブコメ『甘神さんちの縁結び』 - ほんのひきだし 無敵の殺し屋兄さんが、レンタルおっちゃんになって帰ってきた――『ザ・ファブル The second contact』 - ほんのひきだし 都々逸にラップ、和歌にお笑い、シュルレアリスム…唯一無二の言語センスを持った18歳の新星・日比野コレコに迫る 「こんな軽い女のなかにある重い内臓を忘るるな」(Book Bang) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 『チェンソーマン』『SPY×FAMILY』を手掛ける敏腕編集者・林士平の人生を変えた10冊を紹介!「#木曜日は本曜日」プロジェクト第7弾 - ほんのひきだし Life is Novelが“小説家によるライティング事業”をスタート。「ストーリーテリング」を強みにサイトや販促物のライティングを行う - PR TIMES 「価格」よりも「価値」を大切にするモノづくりとサービスへと導く『「価格上昇」時代のマーケティング』【総合3.8】 - ほんのひきだし おとなの週末:最後まで撮り続けた“エゾモモンガ”の近くで家族に見守られて 動物写真家・小原玲さんを語る(4完) - 毎日新聞