受賞作ドットジェイピー

山尾悠子

Wikipedia情報

山尾悠子(やまお ゆうこ、1955年3月25日 - )は、小説家、幻想文学作家。その短い活動期間と難解な作品で、長い間カリスマ性をもって幻・伝説の作家と呼ばれてきたが、近年になって執筆活動を再開している。 1955年、岡山市生まれ。本名は現在では非公開だが、『平凡パンチ』1978年11月13日号のインタビュー記事では本名を明かしたことがある。岡山県立岡山操山高等学校を経て同志社大学文学部国文科卒。 大学在学中の1973年に「仮面舞踏会」を『SFマガジン』(早川書房)のSF三大コンテスト小説部門(のちのハヤカワ・SFコンテスト)に応募して選外優秀作に選ばれ、1975年11月号の「女流作家特集」で掲載されデビューした。 その後、山陽放送に勤務のかたわら『SFマガジン』、『奇想天外』(奇想天外社)、『SFアドベンチャー』(徳間書店)、『小説ジュニア』(集英社)等の雑誌に 作品を発表。1979年に退職して執筆に専念し、1980年には書き下ろしの長編第1作『仮面物語』を上梓するが、1985年以降は作品発表が途絶え、徐々に伝説的な作家と見なされていく。

受賞作一覧

2019

第20回SFが読みたい!ベストSF

2018

第46回泉鏡花賞

第39回日本SF大賞

2011

第12回SFが読みたい!ベストSF

2004

第5回SFが読みたい!ベストSF

2001

第2回SFが読みたい!ベストSF

関連トピックス

テーマは「特別ではない一日」 日常にある忘れがたい出来事 - 文春オンライン