受賞作ドットジェイピー

角野栄子

Wikipedia情報

角野 栄子(かどの えいこ、1935年1月1日 - )は童話作家、絵本作家、ノンフィクション作家、エッセイスト。日本福祉大学客員教授。 来歴・人物 東京出身。早稲田大学教育学部英語英文学科卒業。早大時代は龍口直太郎ゼミに所属した。 大学卒業後、出版社に勤務し一年ほどで結婚。1960年、25歳の時にブラジルに2年間滞在。早大時代の恩師、龍口の勧めにより、70年にブラジル体験をもとに描いたノンフィクション「ルイジンニョ少年、ブラジルをたずねて」で作家としてデビュー(35歳)する。 1982年「おおどろぼうブラブラ氏」でサンケイ児童出版文化賞、84年「ズボン船長さんの話」「わたしのママはしずかさん」で路傍の石文学賞、「ズボン船長さんの話」で旺文社児童文学賞、「おはいんなさい えりまきに」でサンケイ児童出版文化賞、85―86年「魔女の宅急便」で第23回野間児童文芸賞、第34回小学館文学賞、IBBYオーナリスト文学賞など多数受賞。

受賞作一覧

2018

第32回国際アンデルセン賞

2016

第63回産経児童出版文化賞

1992

第15回絵本にっぽん賞

1985

第34回小学館児童出版文化賞

第23回野間児童文芸賞

1984

第31回産経児童出版文化賞

第6回路傍の石文学賞

1982

第29回産経児童出版文化賞

関連トピックス

This RSS feed URL is deprecated 「魔女の宅急便」原作者、「不安な気持ちを抱えた孤独な子ども」だった過去 - アエラドット 朝日新聞出版 インタビュー 角野栄子さん 児童文学作家 - 毎日新聞 「魔女の宅急便」テーマに キキが味わった料理再現 - 毎日新聞 児童文学作家 知って 国分寺の都立多摩図書館で企画展 - 東京新聞 角野栄子さん 「魔女の宅急便」を書いた素敵な魔女 - BBCニュース 「絵本のひきだし 林明子原画展」松屋銀座で、絵本『はじめてのおつかい』など原画約200点展示 - Fashion Press 作家賞に角野栄子さん 日本人3人目 - 毎日新聞 魔女の宅急便に「キキの結婚式」 角野栄子さんが執筆中 - 朝日新聞 角野栄子さんNHK総合『あさイチ』に生出演! - カドブン 角野栄子さん=国際アンデルセン賞を受賞した - 毎日新聞