受賞作ドットジェイピー

角野栄子

Wikipedia情報

角野 栄子(かどの えいこ、1935年1月1日 - )は童話作家、絵本作家、ノンフィクション作家、エッセイスト。日本福祉大学客員教授。 来歴・人物 東京出身。早稲田大学教育学部英語英文学科卒業。早大時代は龍口直太郎ゼミに所属した。 大学卒業後、出版社に勤務し一年ほどで結婚。1960年、25歳の時にブラジルに2年間滞在。早大時代の恩師、龍口の勧めにより、70年にブラジル体験をもとに描いたノンフィクション「ルイジンニョ少年、ブラジルをたずねて」で作家としてデビュー(35歳)する。 1982年「おおどろぼうブラブラ氏」でサンケイ児童出版文化賞、84年「ズボン船長さんの話」「わたしのママはしずかさん」で路傍の石文学賞、「ズボン船長さんの話」で旺文社児童文学賞、「おはいんなさい えりまきに」でサンケイ児童出版文化賞、85―86年「魔女の宅急便」で第23回野間児童文芸賞、第34回小学館文学賞、IBBYオーナリスト文学賞など多数受賞。

受賞作一覧

2018

第32回国際アンデルセン賞

2016

第63回産経児童出版文化賞

1992

第15回絵本にっぽん賞

1985

第34回小学館児童出版文化賞

第23回野間児童文芸賞

1984

第31回産経児童出版文化賞

第6回路傍の石文学賞

1982

第29回産経児童出版文化賞

関連トピックス

This RSS feed URL is deprecated 児童文学のノーベル賞! 角野栄子さんの「国際アンデルセン賞」授与式&アテネ滞在レポート - カドブン 「鎌倉が付く賞、ありがたい」 角野栄子さんに市民栄誉表彰 - 東京新聞 「魔女の宅急便」作者の角野栄子さんに鎌倉市市民栄誉表彰 - 関門経済新聞 角野栄子さんに市民栄誉表彰 鎌倉舞台の作品にも意欲 - タウンニュース 角野栄子さんに鎌倉市民栄誉賞 アンデルセン賞作家、地元愛語る - カナロコ(神奈川新聞) 角野栄子さん、国際アンデルセン賞受賞記念講演 船橋市への貢献形に - 船橋経済新聞 活字文化の日 良書と出会う機会を大切に - 読売新聞 『魔女の宅急便』 キキとトンボの恋のゆくえ、知ってた? - ダ・ヴィンチニュース 角野栄子さん「物語は言葉の辞書」アンデルセン賞授賞式 - 朝日新聞 角野栄子さん 「魔女の宅急便」を書いた素敵な魔女 - BBCニュース