受賞作ドットジェイピー

ダ・ヴィンチ文学賞

Wikipedia情報

ダ・ヴィンチ文学賞(ダ・ヴィンチぶんがくしょう)は、メディアファクトリーの雑誌『ダ・ヴィンチ』で募集されていた新人文学賞である。400字詰め原稿用紙換算で100枚から200枚の小説を募集した。作品のジャンルは不問。受賞者には賞金100万円が授与され、受賞作(またはそれを含む作品集)がメディアファクトリーから刊行された。 大賞以外の賞金は、優秀賞・読者賞が20万円、編集長特別賞が10万円。 2012年の第7回をもって終了し、後継の賞として募集内容を「本にまつわる物語」に限定したダ・ヴィンチ「本の物語」大賞が設けられた。

受賞作一覧

2011

第6回

2009

第4回

2008

第3回

2007

第2回

2006

第1回

関連トピックス

第166回芥川賞は砂川文次『ブラックボックス』、直木賞は今村翔吾『塞王の楯』、米澤穂信『黒牢城』に決定! - ダ・ヴィンチニュース 気になる大賞はどの作品に!?「2022年本屋大賞」ノミネート10作品発表! - ダ・ヴィンチニュース 救ったのは天使か悪魔か究極のクライムサスペンス『真夜中のマリオネット』知念実希人さんへインタビュー(Book Bang) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 義弟が部屋でブラジャーを着けていた!? マイノリティの苦悩や葛藤をユーモアも交えて描き切る!柚木麻子さんも激賞の『ブラザーズ・ブラジャー』 - ダ・ヴィンチニュース 【本屋大賞2022ノミネート】ミステリを愛する富豪によって「硝子の塔」に集められた人々が惨劇に巻き込まれる――本格ミステリ愛爆発の大作! - ダ・ヴィンチニュース