受賞作ドットジェイピー

荒川洋治

Wikipedia情報

荒川 洋治(あらかわ ようじ、1949年4月18日 - )は、日本の現代詩作家、随筆家である。愛知淑徳大学教授。  来歴・人物 福井県三国町出身。本名読み・ひろはる。福井県立藤島高等学校、早稲田大学第一文学部文芸科卒業。卒業論文として提出された『娼婦論』は平岡篤頼の推薦で小野梓記念賞芸術賞を受賞。26歳で詩集『水駅』を刊行し、H氏賞を受賞、以後、多くの詩集・随筆・評論を刊行している。日本近代小説の読み巧者でもある。1974年から詩を専門にする出版社である紫陽社を経営。大阪文学学校、青山学院大学、早稲田大学等で教えた。2013年愛知淑徳大学教授。 『坑夫トッチルは電気をつけた』で、「宮沢賢治研究がやたらに多い。研究に都合がいい。それだけのことだ」と書き、一人の詩人に多くの研究者が群がる事態を批判するなど、党派にとらわれない鋭い指摘を、詩、エッセイの双方で展開している。長く務めた文芸時評では、大江健三郎や笙野頼子を厳しく批判するなど、いわゆる「文壇」的な発言をあまり行わない異色の存在である。

受賞作一覧

2017

第8回鮎川信夫賞

2016

第70回毎日出版文化賞

2006

第5回小林秀雄賞

2005

第13回萩原朔太郎賞

2004

第20回講談社エッセイ賞

1999

第51回読売文学賞

1998

第28回高見順賞

1976

第26回H氏賞

関連トピックス

SUNDAY LIBRARY:岡崎 武志・評『また明日』『霧中の読書』ほか - 毎日新聞