受賞作ドットジェイピー

放浪記

吉田類の酒場放浪記 スペシャル 奥の酒道・芭蕉と呑む!画像
吉田類の酒場放浪記 スペシャル 奥の酒道・芭蕉と呑む!
(JAN: 4571487577102)
¥3,261
在庫あり
BS-TBS、(株)よしもとミュージックエンタテインメント
吉田類

受賞一覧

2004

第29回菊田一夫演劇賞

2002

第27回菊田一夫演劇賞

1991

第16回菊田一夫演劇賞

1988

第13回菊田一夫演劇賞

1982

第7回菊田一夫演劇賞

Wikipedia情報

『放浪記』(ほうろうき)は、作家の林芙美子が自らの日記をもとに放浪生活の体験を書き綴った自伝的小説である。舞台化、映画化、テレビドラマ化された。 「私は宿命的な放浪者である。私は古里を持たない…したがって旅が古里であった」との出だしで始まる本作は、第一次世界大戦後の暗い東京で、飢えと絶望に苦しみながらもしたたかに生き抜く「私」が主人公である。尽くした「島の男」との初恋に破れ、夜店商人、セルロイド女工、カフエの女給などの職を転々とする。ひどい貧乏にもめげず、あっけらかんとした姿が多くの読者をひきつけ、ベストセラーとなった。 菊田一夫脚本・森光子主演で舞台化され、1961年に東京の芸術座で初演されて以後同劇場で公演を続け、公演回数は2009年5月29日まで通算2017回を数えた。2005年の公演を最後に同劇場が閉鎖されたため、2006年・2009年は帝国劇場、2008年はシアタークリエにて上演された。