受賞作ドットジェイピー

日本SF新人賞

Wikipedia情報

日本SF新人賞(にほんエスエフしんじんしょう)は、日本SF作家クラブが主催していた長編SF小説の新人賞である。1999年から2009年まで全11回実施された。 日本の新人SF作家の登竜門となることを期して創設された。副賞は百万円。後援は徳間書店で、受賞作はここから刊行もしくは映像化される。日本SF新人賞の創設は1999年で、1997年度の日本SF大賞に先立って行われた日本SF作家クラブ総会の席で創設が決議された。授賞式は日本SF大賞と同時に発表される。2010年3月5日、第11回をもっての休止が発表された。 日本SF新人賞でデビューした作家の主な発表の場の1つとなっていた徳間書店の雑誌『SF Japan』(2000年創刊)も2011年2月刊行の2011年春号で最終号となり、この号には日本SF新人賞の受賞者21名のうち、照下土竜を除く20名の作家の短編が掲載された(受賞作が刊行されていない木立嶺の短編も掲載されている)。

受賞作一覧

2009

第11回

2008

第10回

2007

第9回

2006

第8回

2005

第7回

2004

第6回

2003

第5回

2002

第4回

2001

第3回

2000

第2回

1999

第1回

関連トピックス

大原櫻子がMCを務める生配信トーク番組 WOWOW公式YouTubeチャンネルにて6月無料配信決定 - PR TIMES 横浜流星出演! ABC-MART『CONVERSE HOLOGRAM SERIES』新TV-CM - Dream News 『文藝』編集長・坂上陽子が語る、文芸誌のこれから 「新しさを求める伝統を受け継ぐしかない」(リアルサウンド) - Yahoo!ニュース 【解説付き】P.A.WORKSのアニメ作品、あなたが一番好きなのは? ~アンケート実施中~(1/2) | ねとらぼ調査隊 - ねとらぼ 1979年頃、ピンク・レディーが急に売れなくなった理由とは? - ガジェット通信 俳優デビューからまだ4年!『ハケンの品格』にも出演する杉野遥亮の成長に驚くドラマ&映画5選 - エンタメステーション