受賞作ドットジェイピー

日本SF新人賞

Wikipedia情報

日本SF新人賞(にほんエスエフしんじんしょう)は、日本SF作家クラブが主催していた長編SF小説の新人賞である。1999年から2009年まで全11回実施された。 日本の新人SF作家の登竜門となることを期して創設された。副賞は百万円。後援は徳間書店で、受賞作はここから刊行もしくは映像化される。日本SF新人賞の創設は1999年で、1997年度の日本SF大賞に先立って行われた日本SF作家クラブ総会の席で創設が決議された。授賞式は日本SF大賞と同時に発表される。2010年3月5日、第11回をもっての休止が発表された。 日本SF新人賞でデビューした作家の主な発表の場の1つとなっていた徳間書店の雑誌『SF Japan』(2000年創刊)も2011年2月刊行の2011年春号で最終号となり、この号には日本SF新人賞の受賞者21名のうち、照下土竜を除く20名の作家の短編が掲載された(受賞作が刊行されていない木立嶺の短編も掲載されている)。

受賞作一覧

2009

第11回

2008

第10回

2007

第9回

2006

第8回

2005

第7回

2004

第6回

2003

第5回

2002

第4回

2001

第3回

2000

第2回

1999

第1回

関連トピックス

【必読リスト付き】「やっぱり中国は得体がしれないですね(笑)」ミステリー作家・島田荘司さんが語る、『三体』と華文ミステリー(2020年8月1日)|BIGLOBEニュース - BIGLOBEニュース 『Kawai Streaming+』Vol.2 ~外山啓介ピアノリサイタル~ 開催 - PR TIMES 審査委員長に宇川直宏氏を迎えxRのグローバルアワードへアップデート「NEWVIEW AWARDS 2020」の公募を開始! - PR TIMES 文芸時評:7月 遠藤周作の未発表小説 新たな読みを喚起=田中和生 - 毎日新聞