受賞作ドットジェイピー

角川学園小説大賞

Wikipedia情報

角川学園小説大賞(かどかわがくえんしょうせつたいしょう)は、角川書店が1997年から2010年まで主催していた、ライトノベル新人文学賞である。学園小説と称しているが、学園をキーワードにしていればジャンルを問うことはなく、作品について学校を舞台にした作品いわゆる「学園モノ」に限定しているわけではない。選考に際しては特定の作家による選考委員制度を設けておらず、角川書店のアニメ・コミック事業部が審査を行った。なお、2009年度の第13回より賞題を学園小説大賞に改めたが、2010年度の第14回をもって本賞を終了した。その代替として、2011年度よりスニーカー大賞が年1回から年2回の募集となった。

受賞作一覧

2009

第13回

2008

第12回

2006

第10回

2005

第9回

2004

第8回

2003

第7回

2002

第6回

2001

第5回

2000

第4回

1999

第3回

1998

第2回

1997

第1回

関連トピックス

“幻夢世界への案内人“乙一ら異色アンソロジーを読む 多様な作品、それぞれの魅力(リアルサウンド) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 「第6回 みんなが選ぶTSUTAYAコミック大賞」2022年イチオシコミック、大賞は『山田くんとLv999の恋をする』に決定! - PR TIMES 第167回直木賞候補5作が発表、2名が初ノミネート - ほんのひきだし 【漫画】東畑開人の本が“読むセラピー”と呼ばれるワケ もちぎが『なんでも見つかる夜に、こころだけが見つからない』を紹介 - リアルサウンド