受賞作ドットジェイピー

日本ホラー小説大賞

Wikipedia情報

日本ホラー小説大賞(にほんホラーしょうせつたいしょう)は、日本の公募新人文学賞。株式会社KADOKAWAと一般財団法人角川文化振興財団が主催している。 1994年、角川書店とフジテレビによって、「同じ時代を生きている全ての読者と、恐怖を通して人間の闇と光を描こうとする才能豊かな書き手のために」をコンセプトとして設けられた。 第2回から第18回までは、長編部門と短編部門に分けて募集され、それぞれ長編賞と短編賞が授与された。また、両部門の中でもっとも優れた作品が大賞に選出された。第19回以降は、大賞、優秀賞(佳作)のほか、一般から選ばれたモニター審査員が選ぶ読者賞が選出される。 大賞受賞作品は、角川書店より単行本として刊行され、読者賞受賞作品は、角川ホラー文庫より刊行される。フジテレビによりテレビドラマ化、映画化・ビデオ化される場合もある。 選考委員 第1回:荒俣宏、遠藤周作、景山民夫、高橋克彦 第2回 - 第4回:荒俣宏、景山民夫、高橋克彦、林真理子 第5回 - 第16回:荒俣宏、高橋克彦、林真理子 第17回 - 第19回::荒俣宏、貴志祐介、高橋克彦、林真理子 第20回:荒俣宏、貴志祐介、高橋克彦、宮部みゆき 第21回 - 現在:綾辻行人、貴志祐介、宮部みゆき 受賞作 特記がなければ、初刊は角川書店、文庫は角川ホラー文庫刊。

受賞作一覧

2018

第25回

2017

第24回

2016

第23回

2015

第22回

2014

第21回

2013

第20回

2012

第19回

2011

第18回

2010

第17回

2009

第16回

2008

第15回

2007

第14回

2006

第13回

2005

第12回

2004

第11回

2003

第10回

2001

第8回

1999

第6回

1997

第4回

1996

第3回

1995

第2回

1994

第1回

関連トピックス

40歳「なりゆきで小説家になった男」の波瀾曲折 - 東洋経済オンライン 【国内映画ランキング】「アナ雪」V7で興収125億突破!新作は5本がランクイン(映画.com) - Yahoo!ニュース 山田涼介は「唯一無二の存在!」平川雄一朗監督が絶賛 - 映画.com 山田涼介が叫ぶ&芳根京子、佐々木蔵之介が涙 映画『記憶屋』特別映像公開 - CINRA.NET(シンラドットネット) 山田涼介主演! すべての人の“記憶”に残るヒューマンラブストーリー (2020年1月18日) - エキサイトニュース - エキサイトニュース 『ラストレター』など注目作5選! - シネマトゥデイ