受賞作ドットジェイピー

朝日時代小説大賞

Wikipedia情報

朝日時代小説大賞(あさひじだいしょうせつたいしょう)は、株式会社朝日新聞出版の設立を記念して2009年に創設された同社が主催する公募の文学賞である。朝日新聞社出版部門の伝統を受け継ぎつつ、21世紀の新たな時代小説の書き手を発掘することを目的とする。「従来の枠にとらわれない時代小説の書き手を発掘する賞」をうたっている。未発表の長編の時代小説が募集されている。賞金として大賞受賞者には200万円が贈呈される。テレビ朝日が協賛しており、優秀な作品はテレビ朝日でのドラマ化が検討される。入選作は『小説トリッパー』で発表される。受賞作は朝日新聞出版より刊行される。2018年9月、第10回を最後に休止が発表された。

受賞作一覧

2018

第10回

2017

第9回

2016

第8回

2015

第7回

2013

第5回

2012

第4回

2011

第3回

2010

第2回

関連トピックス

髙田郁さんが車窓に見た物語 小説に込める願いは「そばにいる存在」:朝日新聞デジタル - 朝日新聞デジタル 朝日新聞社はまるでリアル『半沢直樹』の世界!?(集英社オンライン) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 【出口学長・日本人が最も苦手とする哲学と宗教特別講義】9割の人が知らない!朱子が確立した「理気二元論」とは? - ダイヤモンド・オンライン