受賞作ドットジェイピー

歴史文学賞

Wikipedia情報

歴史文学賞(れきしぶんがくしょう)は、日本唯一の歴史小説専門の文学賞である。 1976年(昭和51年)から2007年まで毎年開催されていた。主宰は雑誌『歴史読本』の発行元として知られていた歴史図書専門出版社の新人物往来社(2013年4月に中経出版に吸収合併)。 後に直木賞を受賞した杉本章子のデビューや宮部みゆきが広く注目されるきっかけとなったことで知られる。 2008年度の募集は中止。時期は未定だが、リニューアルして再開予定。 受賞一覧 第01回(1976年)三木一郎『重い雨』 第02回(1977年)松本幸子『閑谷の日日』 第03回(1978年)該当作なし 第04回(1979年)霜川遠志『八代目団十郎の死』 第05回(1980年)泉淳『火田の女』 第06回(1981年)川上直志『氷雪の花』 第07回(1982年)該当作なし 第08回(1983年)篠田達明『にわか産婆・漱石』 第09回(1984年)高市俊次『花評者石山』 第10回(1985年)内村幹子『今様ごよみ』 第11回(1986年)浅田耕三『首化粧』 第12回(1987年)該当作なし 第13回(1988年)江宮隆之『経清記』 第14回(1989年)該当作なし 第15回(1990年)狩野あざみ『博浪沙異聞』 第16回(1991年)鳴海風『円周率を計算した男』 第17回(1992年)風野真知雄『黒牛と妖怪』 第18回(1993年)梓澤要『喜娘』 第19回(1994年)東秀紀『鹿鳴館の肖像』 第20回(1995年)風来某『孤愁の仮面』 第21回(1996年)別所真紀子『雪はことしも』 第22回(1997年)間真里子『天保の雪』 第23回(1998年)渡辺房男『桜田門外十万坪』 第24回(1999年)城野隆『妖怪の図』 第25回(2000年)乾浩『北夷の海』 第26回(2001年)松浦節『伊奈半十郎上水記』 第27回(2002年)植松三十里『桑港にて』 第28回(2003年)岩井三四二『村を助くは誰ぞ』 第29回(2004年)葉室麟『乾山晩愁』 第30回(2005年)金重明『三別抄耽羅戦記』 第31回(2006年)野田真理子『孤軍の城』 第32回(2007年)賀名生岳『風歯(ふうし)』 第33回(2008年)募集中止。

受賞作一覧

2007

第32回

2006

第31回

2005

第30回

2004

第29回

2003

第28回

2002

第27回

2001

第26回

2000

第25回

1999

第24回

1998

第23回

1997

第22回

1996

第21回

1995

第20回

1994

第19回

1993

第18回

1992

第17回

1991

第16回

1990

第15回

1988

第13回

1986

第11回

1985

第10回

1984

第9回

1983

第8回

1981

第6回

1980

第5回

1979

第4回

1977

第2回

1976

第1回

関連トピックス

将来のノーベル文学賞と期待されながら急逝した作家の代表作―W・G・ゼーバルト『アウステルリッツ』鈴木 仁子による訳者あとがき(ALL REVIEWS) - Yahoo!ニュース 逆転の意志に貫かれて書かれた、裏返しの歴史 - ニコニコニュース 徳島テーマに 掌編小説コンクール - 毎日新聞 今村翔吾氏の新刊歴史小説「じんかん」が好調(サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース ネビュラ賞のゲームライティング部門を「The Outer Worlds」が受賞。他のノミネート作品は「Outer Wilds」や「Disco Elysium」など - 4Gamer.net 『The Outer Worlds』が優れたSF・ファンタジー作品に与えられる「ネビュラ賞」のゲームライティング部門賞に輝く(2020年6月2日)|BIGLOBEニュース - BIGLOBEニュース 特集ワイド:池上彰さんと語る感染症 ジャーナリスト・増田ユリヤさん - 毎日新聞 カルメン・マリア・マチャド『彼女の体とその他の断片』が描く、歴史からこぼれ落ちる周縁の時間。【VOGUE BOOK CLUB|中村佑子】 - VOGUE JAPAN 日本を代表するノンフィクション作家・梯久美子、珠玉の5冊(選:東えりか) | 「読み物(本・小説)」 | 「特集(本・小説)」 - カドブン 『文藝』編集長・坂上陽子が語る、文芸誌のこれから 「新しさを求める伝統を受け継ぐしかない」(リアルサウンド) - Yahoo!ニュース 「乾杯」は始まりの合図だ〜大森山王ビールが「乾杯」にこだわる理由〜 - PR TIMES 1964年東京五輪の最終走者、ヒロシマ背負い<聖火 移りゆく 五輪とニッポン>第3部 アトミック・ボーイ(1) - 東京新聞 生島ヒロシ絶賛「厚くて熱い」 作家・今村翔吾新刊「じんかん」松永久秀描く(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース 毎夏恒例、KADOKAWA主催の高校生限定文学コンクール「カクヨム甲子園2020」が開催決定! 7/17(金)よりWeb上で作品を募集! - PR TIMES 今村翔吾氏 武将・松永久秀描いた新刊が人気、生島ヒロシラジオ番組でプレゼント企画(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース 坂口健太郎&吉田鋼太郎W主演作も!今こそ見たい“人に優しくなれる”映画5選!<ザテレビジョンシネマ部 - ザテレビジョン 「怪盗クイーン」の歴史は、ここから始まった――。作家デビュー30周年、はやみねかおるの大人気リーズ「怪盗クイーン」の前史が明らかに! - ストレートプレス 著名作家らと一般ユーザーとで作り上げるオススメ本ガイド『コロナ時代の読書』プロジェクト始動! - ニコニコニュース あの人は何を読んでいる? 作家・評論家や読者のオススメ本を公開! 『コロナの時代の読書~私たちは何を読むべきか』 - ダ・ヴィンチニュース フランス誌が異例のインタビュー「日本社会はコロナでどう変わるのか」 | 水林章「パンデミックで変わるとは思いません…福島を見てください」 - courrier.jp 外岡秀俊の「コロナ 21世紀の問い」(6) 欧州のコロナ禍、国による違いは何だったのか - J-CASTニュース