受賞作ドットジェイピー

歴史文学賞

受賞作一覧

2007

第32回

2006

第31回

2005

第30回

2004

第29回

2003

第28回

2002

第27回

2001

第26回

2000

第25回

1999

第24回

1998

第23回

1997

第22回

1996

第21回

1995

第20回

1994

第19回

1993

第18回

1992

第17回

1991

第16回

1990

第15回

1988

第13回

1986

第11回

1985

第10回

1984

第9回

1983

第8回

1981

第6回

1980

第5回

1979

第4回

1977

第2回

1976

第1回

関連トピックス

第14回舟橋聖一文学賞、澤田瞳子さん「駆け入りの寺」 - 朝日新聞デジタル 阿波しらさぎ文学賞15日から公募 吉村萬壱さん・小山田浩子さん、最終選考委員続投 - 徳島新聞 「徳島新聞阿波しらさぎ文学賞」募集要領決まる 1月15日から募集 - 徳島新聞 半藤一利さん、妻は漱石の孫 交流あった熊本の関係者、死惜しむ声 - 熊本日日新聞 全米図書賞! 「戦後の歪み」を描く柳美里の小説『JR上野駅公園口』 - goo.ne.jp 大倉忠義 大竹しのぶとの舞台共演に歓喜するもハードル感じ「若干ひるみました(笑)」 - フジテレビュー!! 半藤一利さんが死去 90歳 昭和史研究、戦争体験の語り部 - 新潟日報 作家の半藤一利さん死去、90歳 「ノモンハンの夏」 - 朝日新聞デジタル 半藤一利さん死去、90歳 ノンフィクション作家、「日本のいちばん長い日」 - 時事通信ニュース 毎日芸術賞に鵜山仁、「リチャード二世」演出と歴史劇シリーズ完結に対して - ナタリー 【解説:池澤夏樹】人間は文字に呪縛されているのではないか? 中島敦の傑作短編『文字禍・牛人』(レビュー)(Book Bang) - Yahoo!ニュース 毎日芸術賞の人々:/4 鵜山仁さん - 毎日新聞 【新・仕事の周辺】作家であるということ 小説家・月村了衛 - 産経ニュース 特集ワイド:この国はどこへ コロナの時代に 松永久秀描いた「じんかん」著者、今村翔吾さん 弱き人間の世、希望持ちたい - 毎日新聞 【コラム】進歩と保守を兼備する科学の知恵=韓国(中央日報日本語版) - Yahoo!ニュース 鵜山仁が毎日芸術賞を受賞、『リチャード二世』演出とシェイクスピア歴史劇シリーズ完結を評価 - エンタステージ 柳美里『JR上野駅公園口』が世界で評価された理由とは? コロナ禍の現在をも照射する力 - リアルサウンド 絵を見、文章を読むうちに改めて三国志の世界の奥深さが見えてきた - ニコニコニュース なぜ、ワークマン製品は勝手に宣伝されるのか? - ニュース・コラム - Y!ファイナンス - Yahoo!ファイナンス