受賞作ドットジェイピー

時代小説大賞

Wikipedia情報

時代小説大賞(じだいしょうせつたいしょう)は、1990年から1999年にかけて講談社の主催により行われた公募新人文学賞である。第10回をもって終了した。受賞者には賞金1000万円が授与され、受賞作は講談社より刊行、また朝日放送によりテレビドラマ化され、全国ネットで放送された。
第1回(1990年) 鳥越碧 「雁金屋草紙」
第2回(1991年) 羽太雄平 「本多の狐」
第3回(1992年) 吉村正一郎 「西鶴人情橋」
第4回(1993年) 藤井素介 「流人群像 坩堝の島」
第5回(1994年) 大久保智弘 「わが胸は蒼茫たり」
第6回(1995年) 中村勝行 「蘭と狗」
第7回(1996年) 乙川優三郎 「霧の橋」
第8回(1997年) 松井今朝子 「仲蔵狂乱」
第9回(1998年) 平山寿三郎 「東京城の夕映え」

受賞作一覧

1999

第10回

1998

第9回

1997

第8回

1996

第7回

1995

第6回

1994

第5回

1993

第4回

1992

第3回

1991

第2回

1990

第1回

関連トピックス

第1回「おいしい小説大賞」に古矢永塔子さん - 産経ニュース 【時代のサカイ目】折坂悠太とSalyu 聴く人の心に刺さる“2人の歌声” - ZAKZAK 藝大時代20歳でデビューのプリンス・井上芳雄が「酷評」も大切にする理由(菊地 陽子) - 現代ビジネス フランスの「本屋大賞」受賞作が描く、人間の醜悪さと強靱さと - Asahi Shimbun GLOBE 独占インタビュー「ラノベの素」 二丸修一先生『幼なじみが絶対に負けないラブコメ』 - ラノベニュースオンライン 戦隊ヒーローから実力派俳優へ!松坂桃李出演のおすすめ映画15本〈シーン画像あり〉 - FILMAGA by Filmarks 【MOVIEブログ】2019東京国際映画祭「スプラッシュ」部門作品紹介 - cinemacafe.net いとうせいこう x ジョン・ムーア対談——なぜ人道危機の現場取材を続けるのか - 国境なき医師団(MSF) 2020年の東京は銭湯が熱くする! ヤマザキマリ・大原大次郎など5人のアーティストたちが参加 - PR TIMES 衛藤美彩(元乃木坂46)&仲野太賀W主演映画『静かな雨』が、東京フィルメックス映画祭のコンペティション部門に入選! - ACTRESS PRESS