受賞作ドットジェイピー

ながらみ現代短歌賞

Wikipedia情報

ながらみ現代短歌賞(ながらみげんだいたんかしょう)は、ながらみ書房が主催していた賞。中堅以上の歌人による優れた歌集に贈られた。1993年、同社が発行している短歌総合誌「短歌往来」の創刊3周年を記念して、ながらみ書房から刊行された書籍の中から最優秀のものに与えられるながらみ書房出版賞と同時に創設された。 前年一年間に刊行された歌集の中から、第二歌集以降かつ歌集として新機軸を出したものに与えられる。第一歌集および評論集などは対象とならない。選考委員は第1回から第5回までが石川不二子、大島史洋、三枝昂之、小池光の四名。第6回から第10回までが石川不二子、大島史洋、永田和宏、坂井修一の4名だった。 2002年に第10回をもって終了し、発展させる形で前川佐美雄賞に継承された。

受賞作一覧

2002

第10回

2001

第9回

2000

第8回

1999

第7回

1998

第6回

1997

第5回

1996

第4回

1995

第3回

1994

第2回

1993

第1回

関連トピックス

6人死傷事故 容疑者が受けたおととしの認知機能検査問題なし|NHK 福島県のニュース - nhk.or.jp ノーベル賞受賞者を囲むフォーラム「失敗のすすめ~面白いことに挑戦しよう」 - 読売新聞オンライン 【逍遥の記(4)】肉筆の圧倒的な訴求力示す 災厄を力にした川端、来信から描く鴎外の輪郭|秋田魁新報電子版 - 秋田魁新報電子版 短歌を詠むダンサーとヴォーカリストのコラボ 吉祥寺ダンスLAB.vol.5『千年とハッ』2022年12月に上演決定 - http://spice.eplus.jp/ 令和の時代に「短歌」でマッチング🎋 「57577」で運命の相手を見つける新たなサービス「ヒュー!日向 マッチング短歌」が爆誕 - Pouch[ポーチ] 文学フリマ代表・望月倫彦が語る、リアルなイベントの価値 「文章を書く人の数は今が一番多い」(リアルサウンド) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース