受賞作ドットジェイピー

若山牧水賞

Wikipedia情報

若山牧水賞(わかやまぼくすいしょう)は、歌人・若山牧水の業績を顕彰するため、短歌文学の分野で傑出した功績を挙げた者に贈られる賞。宮崎県・宮崎県教育委員会・宮崎日日新聞社・延岡市・東郷町(現・日向市)で構成される若山牧水賞運営委員会が主催している。 年一回発表されている。選考を決定する年の前年の10月1日から当年9月30日までに刊行された歌集及び若山牧水論の著者の中から選ばれる。受賞者には正賞として賞状、副賞として100万円とトロフィが授与される。 青磁社から、『シリーズ牧水賞の歌人たち』が出版されている。 選考委員 大岡信(特別顧問) 岡野弘彦 佐佐木幸綱 馬場あき子 伊藤一彦 受賞作一覧 第1回(1996年) - 高野公彦 『天泣 (てんきふ)』(短歌研究社) 第2回(1997年) - 佐佐木幸綱 『旅人』(ながらみ書房) 第3回(1998年) - 永田和宏 『饗庭(あえば)』(砂子屋書房) 第4回(1999年) - 福島泰樹 『茫漠山日誌(ぼうばくさんにっし)』(洋々社) 第5回(2000年) - 小高賢 『本所両国』(雁書館)、小島ゆかり『希望』(雁書館) 第6回(2001年) - 河野裕子 『歩く』(青磁社) 第7回(2002年) - 三枝昂之 『農鳥』(ながらみ書房) 第8回(2003年) - 栗木京子 『夏のうしろ』(短歌研究社) 第9回(2004年) - 米川千嘉子 『滝と流星』(短歌研究社) 第10回(2005年)- 水原紫苑 『あかるたへ』(河出書房新社) 第11回(2006年)- 俵万智 『プーさんの鼻』(文藝春秋)、坂井修一 『アメリカ』(角川書店) 第12回(2007年)- 香川ヒサ 『perspective』(柊書房) 第13回(2008年)- 日高堯子 『睡蓮記』(短歌研究社) 第14回(2009年) - 大島史洋 『センサーの影』(ながらみ書房) 第15回(2010年)- 島田修三『蓬歳断想録』(短歌研究社)、川野里子『王者の道』(角川書店) 第16回(2011年)– 大下一真『月食』(砂子屋書房) 第17回(2012年)- 大口玲子『トリサンナイタ』(角川書店) 第18回(2013年)- 晋樹隆彦『浸蝕』(本阿弥書店) 第19回(2014年)- 大松達知『ゆりかごのうた』(六花書林) 第20回(2015年)- 内藤明『虚空の橋』(短歌研究社) 外部リンク 若山牧水賞ホームページ。

受賞作一覧

2019

第24回

2018

第23回

2017

第22回

2016

第21回

2015

第20回

2014

第19回

2013

第18回

2012

第17回

2011

第16回

2010

第15回

2009

第14回

2008

第13回

2007

第12回

2006

第11回

2005

第10回

2004

第9回

2003

第8回

2002

第7回

2001

第6回

2000

第5回

1999

第4回

1998

第3回

1997

第2回

1996

第1回

関連トピックス

第24回若山牧水賞に松村由利子さんと黒岩剛仁さん - 産経ニュース 常識で硬くなった心に揺さぶりをかけてくる。なるほど、これがナンセンスというものの力か - ニコニコニュース TVアニメ「啄木鳥探偵處」ティザーPV公開! - アキバ総研