受賞作ドットジェイピー

鮎川信夫賞

Wikipedia情報

鮎川信夫賞(あゆかわのぶおしょう)は、戦後の現代詩を代表する詩人鮎川信夫にちなみ、時代に向き合うすぐれた詩集・詩論集に贈られる文学賞。主催は鮎川信夫現代詩顕彰会。2009年6月、雑誌「現代詩手帖」の創刊50周年を契機に創設された。 受賞は、選考委員の合議によって決定され、年1回2月末から3月初めに発表される。受賞者には正賞として賞状、副賞として50万円が授与される。選考対象は、前年1月から当年12月までに発表された詩集と詩論集とされているが、詩論については広義の評論も対象とされる。 2018年度(第10回)を最後に、以降の実施が確認できない。 選考委員 辻井喬(第4回まで)、岡井隆(第5回まで)、北川透、吉増剛造

受賞作一覧

2019

第10回

2018

第9回

2017

第8回

2016

第7回

2015

第6回

2014

第5回

2013

第4回

2012

第3回

2011

第2回

2010

第1回

関連トピックス

東京・京橋を舞台に「写真」と「言葉」の対話をテーマにした作品制作プロジェクト 戸田建設×T3 PHOTO FESTIVAL TOKYO「Tokyo Dialogue 2022-2024」を始動します! - PR TIMES