受賞作ドットジェイピー

新潮学芸賞

Wikipedia情報

新潮学芸賞(しんちょうがくげいしょう)は、新潮社が主催した学術賞で、人文科学と社会科学部門の著作を対象とした。 1988年に日本文学大賞が三島由紀夫賞と山本周五郎賞とに分離して創設されたのに伴い、日本文学大賞学芸部門から改名して創設される。受賞者は毎年5月に発表され、授賞式は6月にホテルオークラ東京で行われた。賞金は100万円。 2001年の第14回で終了となり新たに本賞を発展させた形で、2002年より小林秀雄賞とノンフィクションをメインとする新潮ドキュメント賞が創設された。 選考委員 (最終回時) 河合隼雄(心理学者。日文研) 関川夏央(ノンフィクション作家) 藤原正彦(数学者、随筆家。お茶水大理学部) 柳田邦男(ノンフィクション作家) 養老孟司(解剖学者。東大医学部)※日本文学大賞学芸部門の時期から柳田と共に、安部公房、司馬遼太郎が引き続き選考委員を務めていた。安部が逝去した1993年から1995年までは空席で、1996年には司馬が逝去したが空席にして選考を行った。

受賞作一覧

2001

第14回

2000

第13回

1999

第12回

1998

第11回

1997

第10回

1996

第9回

1994

第7回

1993

第6回

1992

第5回

1991

第4回

1990

第3回

1989

第2回

1988

第1回

関連トピックス

≪コロナ禍の夏、子どもたちを不安から救え!≫友だち関係で悩む中高生に絶対読んでほしい本! - PR TIMES 【人生100年時代を生きる】養老孟司(解剖学者・82歳)「"自然"から学び、自分を変えていこう」 | サライ.jp|小学館の雑誌『サライ』公式サイト - serai.jp 空手・植草歩 ゾーンで動きスローに/脳科学者・茂木健一郎 重圧越えた先の「脳力」 - 毎日新聞 甲賀忍者はちゃんといた。忍者に興味をもつ方は必読 - ニコニコニュース