受賞作ドットジェイピー

新潮学芸賞

Wikipedia情報

新潮学芸賞(しんちょうがくげいしょう)は、新潮社が主催した学術賞で、人文科学と社会科学部門の著作を対象とした。 1988年に日本文学大賞が三島由紀夫賞と山本周五郎賞とに分離して創設されたのに伴い、日本文学大賞学芸部門から改名して創設される。受賞者は毎年5月に発表され、授賞式は6月にホテルオークラ東京で行われた。賞金は100万円。 2001年の第14回で終了となり新たに本賞を発展させた形で、2002年より小林秀雄賞とノンフィクションをメインとする新潮ドキュメント賞が創設された。

受賞作一覧

2001

第14回

2000

第13回

1999

第12回

1998

第11回

1997

第10回

1996

第9回

1994

第7回

1993

第6回

1992

第5回

1991

第4回

1990

第3回

1989

第2回

1988

第1回

関連トピックス

「こんなに面白い仏教経典があったのか!」と瞠目させられる、知的興奮の一冊。仏教学者・釈徹宗氏による読み解きが大好評を博したNHK「100分de名著」テキストが、特別章を加筆してついに単行本化。 - PR TIMES 女の子が忘れた赤い手帖に書かれていたこと(レビュー)(Book Bang) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 「アスベスト君」 後遺症に苦しむ作家・佐伯一麦さん「愛憎半ばの存在」 - 毎日新聞 - 毎日新聞 【2/14オンライン】國分功一郎×千葉雅也 いま「哲学」で考えることの意味|【幻冬舎大学】大人のためのカルチャー講座|幻冬舎編集部 - 幻冬舎plus アーツカウンシル・フォーラム 『表現者を支えるプロデュースと目利き力』 開催のお知らせ - PR TIMES 長年ひきこもりの人を診てきた精神科医が警鐘「リモートワークが快適な人」の”ある危険な兆候”(2022年1月17日)|BIGLOBEニュース - BIGLOBEニュース 「なぜ人と会うのはつらいのか」対人恐怖症気味の精神科医が気づいた本当の理由(2022年1月13日)|BIGLOBEニュース - BIGLOBEニュース