受賞作ドットジェイピー

山本七平賞

Wikipedia情報

山本七平賞(やまもとしちへいしょう)は、PHP研究所が主催する山本七平を記念する学術賞である。1991年に創設され、1992年から始動した。日本語で執筆され日本国内で出版された社会学、政治学、経済学、歴史学、哲学、宗教学、比較文化等の人文科学、社会科学の学術書、論文が対象である。 受賞者には正賞(賞状)と、副賞の賞金300万円と、記念品の時計と山本七平著「静かなる細き声」特装版が授与される。推薦賞の受賞者には、正賞と副賞の賞金30万円が授与される。奨励賞の受賞者には、正賞と副賞の賞金100万円が授与される。

受賞作一覧

2020

第29回

2019

第28回

2018

第27回

2017

第26回

2016

第25回

2015

第24回

2014

第23回

2013

第22回

2012

第21回

2011

第20回

2010

第19回

2009

第18回

2008

第17回

2007

第16回

2006

第15回

2005

第14回

2004

第13回

2003

第12回

2002

第11回

2001

第10回

1999

第8回

1998

第7回

1997

第6回

1996

第5回

1995

第4回

1994

第3回

1993

第2回

1992

第1回

関連トピックス

NOSIGNER太刀川著『進化思考』が第30回山本七平賞を受賞いたしました - PR TIMES 高市早苗氏の“憧れの人”、サッチャーが蔑まれながら成し遂げた改革(新潮社 フォーサイト) - Yahoo!ニュース 【ニュースの核心】自民党総裁選、不用意な発言でにじむ「危うさ」 河野氏「年金の最低保証」に消費税 岸田氏「新自由主義との決別」主張 高市氏は意外に安定 - ZAKZAK 無料ウェビナー「第1回富裕層観光戦略ウェビナー」を10/20(水)に開催 - PR TIMES 【経済事情】ランキング1位獲得『新・国債の真実』著者高橋洋一。中国の急台頭、新型コロナ禍など、日本経済の環境は激変し、先行きが極めて不透明になっている中、再び国債への注目度が高まっています。 - Dream News