受賞作ドットジェイピー

小学館ノンフィクション大賞

Wikipedia情報

小学館ノンフィクション大賞(しょうがくかんのんふぃくしょんたいしょう)は小学館が主催するノンフィクション(未発表原稿)を対象とした公募制の文学賞である。ノンフィクション作家の登竜門のひとつと位置づけられている。 1993年に週刊ポスト・SAPIOにて「21世紀国際ノンフィクション大賞」として創設され、第7回より現在の名称となる。小学館社員による選考会で最終候補作(通常5篇)を選び、その後外部の選考委員によって受賞作が決定する。 現在の選考委員は椎名誠・関川夏央・高山文彦・二宮清純・平松洋子の5名。賞金は500万円(第13回までは1000万円)。受賞作は小学館より単行本として刊行される。その際、改題されることも多い。 歴代受賞作 第1回(1994年) 大賞『狂気の左サイドバック』(一志治夫) 優秀賞『ショーン』(山下柚実)・『龍の伝人たち』(富坂聡) 第2回(1995年) 大賞『乳房再建』(三島英子) 優秀賞 該当作品なし 第3回(1996年) 大賞 該当作品なし 優秀賞『カフカスの小さな国』(林克明)・『残酷な楽園』(降旗学)・『ライオンの夢』(神山典士) 第4回(1997年) 大賞『絶対音感』 (最相葉月) 優秀賞『闇はわれを阻まず――山本覚馬伝』(鈴木由紀子)・『ムスリム・ニッポン』(田澤拓也) 第5回(1998年) 大賞『百年目の帰郷』(鈴木洋史) 優秀賞『エクソシストとの対話』(島村菜津) 第6回(1999年) 大賞『淡淡有情(たんたんゆうじょう)』(平野久美子) 優秀賞『リアル・クローン』(若山三千彦) 第7回(2000年) 大賞『まぐろ土佐船 にわかコック奮戦記』(斎藤健次) 優秀賞『フィリピデスの懊悩』(増田晶文)改題→『速すぎたランナー』 第8回(2001年) 大賞 該当作品なし 優秀賞『中国共産党に消された人々』(相馬勝)・『パラダイスウォーカー どこまでも車イスでいく』(中村勝雄)・『マルチルの刻印』(渡辺千尋) 第9回(2002年) 大賞『みかん畑に帰りたかった』(埜口保男) 優秀賞 該当作品なし 第10回(2003年) 大賞 該当作品なし 優秀賞『赤と黒と緑の地にて』(やまもとくみこ)改題→『中国人ムスリムの末裔たち―雲南からミャンマーへ』 第11回(2004年) 大賞『伊織ちゃんはなぜ死んだか』(杉山春)改題→『ネグレクト 真奈ちゃんはなぜ死んだか』 優秀賞 該当作品なし 第12回(2005年) 大賞『昭和犬奇人 平岩米吉伝』(片野ゆか) 優秀賞『汚れなき男の眼に』(窪田順生) 第13回(2006年) 大賞 該当作品なし 優秀賞『お腹の赤ちゃんは「人」ではないのですか』(江花優子)・『海峡を越えた歌姫』(田月仙)・『世界で一番売れている薬』(山内喜美子) 第14回(2007年) 大賞『煙る鯨影』(駒村吉重)・『沖縄独立を夢見た伝説の女傑 照屋敏子』(高木凛) 優秀賞 該当作なし 第15回(2008年) 大賞 該当作品なし 優秀賞『我思う、ゆえに我あり』(小川善照)・『北京陳情村』(田中奈美) 第16回(2009年) 大賞『ウスケボーイズ 日本ワインの革命児たち』(河合香織)・『エンブリオロジスト──いのちの素を生み出す人たち』(須藤みか) 優秀賞 該当作なし 第17回(2010年) 大賞 該当作品なし 優秀賞 『鶴田錦史伝』(佐宮圭)・『最後の王者』(西村章) 第18回(2011年) 大賞『北緯43度の雪』(河野啓)・『柔の恩人──「女子柔道の母」ラスティ・カノコギが夢見た世界』(小倉孝保) 第19回(2012年) 大賞『R130-#34 封印された写真――ユージン・スミスの「水俣」』(山口由美) 優秀賞『マオキッズ――毛沢東のこどもたちを巡る旅』(八木澤高明) 第20回(2013年) 大賞『トリソミー』(松永正訓) 優秀賞『朝鮮の海へ』(城内康伸)・『シロアリ』(福場ひとみ) 第21回(2014年) 大賞 該当作品なし 優秀賞『産めない先進国──世界の不妊治療現場を行く』(宮下洋一)・『ゆめいらんかね──やしきたかじん伝』(角岡伸彦) 第22回(2015年) 大賞 『小倉昌男 祈りと経営』(森健) 優秀賞 該当作なし 候補作 最終候補に残りながら受賞を逃した作品で、その後小学館及び他社から刊行されたものもある。

受賞作一覧

2017

第24回

2016

第23回

2015

第22回

2014

第21回

2013

第20回

2012

第19回

2011

第18回

2010

第17回

2009

第16回

2008

第15回

2007

第14回

2006

第13回

2005

第12回

2004

第11回

2003

第10回

2002

第9回

2001

第8回

2000

第7回

1999

第6回

1998

第5回

1997

第4回

1996

第3回

1995

第2回

1994

第1回

関連トピックス

河合 香織 プロフィール | 文春オンライン - 文春オンライン