受賞作ドットジェイピー

亀井勝一郎賞

Wikipedia情報

亀井勝一郎賞(かめいかついちろうしょう)は、1969年に亀井勝一郎の遺族により設立され、のちに講談社主催となった文芸評論の新人賞である。受賞作は年に一度、亀井の命日である11月4日に発表されていたが、第14回で終了した。
第1回(1969年) 川村二郎 『限界の文学』
第2回(1970年) 武田友寿 『遠藤周作の世界』
第3回(1971年) 高橋英夫 (評論家) 高橋英夫 『批評の精神』
第4回(1972年) 入江隆則 『幻想のかなたに』
第5回(1973年) 野口武彦 『谷崎潤一郎論』
第6回(1974年) 該当作なし
第7回(1975年) 上田三四二 『眩暈を鎮めるもの』
上原和 『斑鳩の白い道のうえに 聖徳太子論』
第8回(1976年) 前田愛 (文芸評論家) 前田愛 『成島柳北』
第9回(1977年) 該当作なし

受賞作一覧

1982

第14回

1981

第13回

1980

第12回

1979

第11回

1978

第10回

1976

第8回

1975

第7回

1973

第5回

1972

第4回

1971

第3回

1970

第2回

1969

第1回