受賞作ドットジェイピー

海燕新人文学賞

Wikipedia情報

海燕新人文学賞(かいえんしんじんぶんがくしょう)とは、福武書店(現 ベネッセコーポレーション)が発刊していた文芸雑誌『海燕』の新人文学賞。1982年から1996年まで続いた。 受賞作一覧 第1回 (1982年) 干刈あがた 「樹下の家族」、細見隆博 「みずうみ」 第2回 (1983年) 瀬川まり 「極彩色の夢」、小田原直知 「ヤンのいた場所」 第3回 (1984年) 小林恭二 「電話男」、佐伯一麦 「木を接ぐ」(「雛の棲家」に所収) 第4回 (1985年) 柏木武彦 「鯨のいる地図」、田場美津子 「仮眠室」 第5回 (1986年) 竹野雅人 「正方形の食卓」(「純愛映画・山田さん日記」に所収)、森誠一郎 「分子レベルの愛」 第6回 (1987年) 村上政彦 「純愛」(「ドライヴしない?」に所収)、吉本ばなな 「キッチン」 第7回 (1988年) 太田健一 「人生は擬似体験ゲーム」(「脳細胞日記」に所収)、小川洋子 「揚羽蝶が壊れるとき」(「完璧な病室」に所収) 第8回 (1989年) 木下文緒 「レプリカント・パレード」、石黒達昌 「最終上映」 第9回 (1990年) 松村栄子 「僕はかぐや姫」、角田光代 「幸福な遊戯」 第10回 (1991年) 篠藤由里 「ガンジーの空」、野中柊 「ヨモギ・アイス」 第11回 (1992年) 村本健太郎 「サナギのように私を縛って」 第12回 (1993年) 近藤弘子 「遊食の家」、小手鞠るい 「おとぎ話」(「玉手箱」に所収) 第13回 (1994年) 丹沢秦 「落書きスプレー 」 第14回 (1995年) 藤野千夜 「午後の時間割」(「少年と少女のポルカ」に所収)、高木芙羽 「インスタント・カルマ」 第15回 (1996年) シロツグトヨシ 「ゲーマーズ・ナイト」、塙仁礼子 「揺籃日誌」 選考委員 第1-2回、1982-83 阿部昭、飯島耕一、木下順二、小島信夫、佐多稲子 第3-4回、1984-85 大庭みな子、中村真一郎、古井由吉、三浦哲郎、瀬戸内晴美 第5-6回 1986-87 大庭、中村、古井、三浦、富岡多恵子 第7回 1988 色川武大、大庭、田久保英夫、立松和平、古井 第8回 1989 大庭、田久保、立松、古井 第9回 1990 黒井千次、田久保、立松、田中小実昌、富岡多恵子 第10-12回 1991-93 黒井、田久保、立松、田中、津島佑子 第13回 1994 黒井千次、田久保英夫、立松和平、佐伯一麦、山田詠美 第14回 1995 黒井千次、田久保英夫、立松和平、佐伯一麦 第15回 1996 黒井千次、立松和平、佐伯一麦、日野啓三、島田雅彦 関連項目 文学賞の一覧。

受賞作一覧

1994

第13回

1993

第12回

1992

第11回

1991

第10回

1990

第9回

1989

第8回

1988

第7回

1987

第6回

1986

第5回

1985

第4回

1984

第3回

1983

第2回

1982

第1回

関連トピックス

人生100年クラブ:小説を書きたい 自分の経験深掘りして - 毎日新聞