受賞作ドットジェイピー

野間文芸新人賞

Wikipedia情報

野間文芸新人賞(のまぶんげいしんじんしょう)は、講談社初代社長、野間清治の遺志により設立された財団法人野間文化財団が主催する純文学の新人に与えられる文学賞である。野間三賞のうちの一つ。 財団法人野間奉公会が1941年に野間文芸賞とともに創設した野間文芸奨励賞が前身。戦後両賞とも一時中断し、1953年に野間文芸賞のみ再開、その後1979年の講談社創立70周年を期に野間文芸奨励賞を改称、野間文芸新人賞として新設された。以降年1回発表されている。 新人作家による小説を対象とする。芥川龍之介賞と違い、文芸誌掲載作だけではなく単行本も対象となる。受賞作は選考委員の合議によって決定される。受賞者には正賞として賞牌、副賞として100万円(第12回から、それ以前は50万円)が授与される。受賞作発表および選評は『群像』1月号に掲載される。 初期は村上龍、尾辻克彦など芥川賞受賞経験者に授賞することがあったが、しだいに芥川賞未受賞者のみを候補とする暗黙のルールが成立していった。特に90年代以降は受賞者の約4割が後に芥川賞も受賞するようになっている。第43回にて芥川賞受賞経験者である遠野遥が候補に挙がったが、約30年ぶりのことである。

受賞作一覧

2021

第43回

2020

第42回

2019

第41回

2018

第40回

2017

第39回

2016

第38回

2015

第37回

2014

第36回

2013

第35回

2012

第34回

2011

第33回

2010

第32回

2009

第31回

2008

第30回

2007

第29回

2006

第28回

2005

第27回

2004

第26回

2003

第25回

2002

第24回

2001

第23回

2000

第22回

1999

第21回

1998

第20回

1997

第19回

1996

第18回

1995

第17回

1994

第16回

1993

第15回

1992

第14回

1991

第13回

1990

第12回

1989

第11回

1988

第10回

1987

第9回

1986

第8回

1985

第7回

1984

第6回

1983

第5回

1982

第4回

1981

第3回

1980

第2回

1979

第1回

関連トピックス

活動休止中のタレント・紗倉まな、活動再開を発表 〝予告通り〟に2カ月で復帰(よろず~ニュース) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 鉄道開業150年の節目に短編集『鉄道小説』発売 乗代雄介氏、温又柔氏、澤村伊智氏、滝口悠生氏、能町みね子氏が“人と鉄道の記憶”を描く(交通新聞社・10月6日発売) - PR TIMES 作家・小川洋子さんが読み解く『アンネの日記』の文学作品としての豊かさ。『NHK「100分de名著」ブックス アンネの日記 言葉はどのようにして人を救うのか』が発売。 - PR TIMES きょうだいができた!おねえちゃんになった!でもママがいつもと違う…おねえちゃんの気持ちに寄りそう絵本「ちいさいおねえちゃん」発売中! - PR TIMES メキシコ性の探求の記録、移民であるかもしれない私たち - ニコニコニュース 2022年度南日本文学賞作品を公募 | 南日本文学賞 - 南日本新聞