受賞作ドットジェイピー

野間文芸新人賞

Wikipedia情報

野間文芸新人賞(のまぶんげいしんじんしょう)は、講談社初代社長、野間清治の遺志により設立された財団法人野間文化財団が主催する純文学の新人に与えられる文学賞である。野間三賞のうちの一つ。 財団法人野間奉公会が1941年に野間文芸賞とともに創設した野間文芸奨励賞が前身。戦後両賞とも一時中断し、1953年に野間文芸賞のみ再開、その後1979年の講談社創立70周年を期に野間文芸奨励賞を改称、野間文芸新人賞として新設された。以降年1回発表されている。 新人作家による小説を対象とする。芥川龍之介賞と違い、文芸誌掲載作だけではなく単行本も対象となる。受賞作は選考委員の合議によって決定される。受賞者には正賞として賞牌、副賞として100万円(第12回から、それ以前は50万円)が授与される。受賞作発表および選評は『群像』1月号に掲載される。 初期は村上龍、尾辻克彦など芥川賞受賞経験者に授賞することがあったが、しだいに芥川賞未受賞者のみを候補とする暗黙のルールが成立していった。特に90年代以降は受賞者の約4割が後に芥川賞も受賞するようになっている。第43回にて芥川賞受賞経験者である遠野遥が候補に挙がったが、約30年ぶりのことである。

受賞作一覧

2021

第43回

2020

第42回

2019

第41回

2018

第40回

2017

第39回

2016

第38回

2015

第37回

2014

第36回

2013

第35回

2012

第34回

2011

第33回

2010

第32回

2009

第31回

2008

第30回

2007

第29回

2006

第28回

2005

第27回

2004

第26回

2003

第25回

2002

第24回

2001

第23回

2000

第22回

1999

第21回

1998

第20回

1997

第19回

1996

第18回

1995

第17回

1994

第16回

1993

第15回

1992

第14回

1991

第13回

1990

第12回

1989

第11回

1988

第10回

1987

第9回

1986

第8回

1985

第7回

1984

第6回

1983

第5回

1982

第4回

1981

第3回

1980

第2回

1979

第1回

関連トピックス

芥川賞直木賞まもなく発表 注目は直木賞候補の人気作家2人の対決 - 朝日新聞デジタル 村上龍が初NFT、『コインロッカー・ベイビーズ』への想いを書き下ろしたエッセイ『キクとハシ、その後。』発売 - PR TIMES 【本日オンデマンド配信スタート!】芥川賞・直木賞をもっと楽しむ特別講座!異色の文学対談特集【NHKカルチャーオンライン講座】 - PR TIMES 21世紀の国語教育 - 東京新聞 【2/14オンライン】國分功一郎×千葉雅也 いま「哲学」で考えることの意味|【幻冬舎大学】大人のためのカルチャー講座|幻冬舎編集部 - 幻冬舎plus 奥田民生、フジファブリック、Awesome City Club、chelmicoが登場。50代・40代・30代・20代まで、世代を超えた4組のアーティストによる合同ライブを開催 - PR TIMES 奥田民生、フジファブリック、Awesome City Club、chelmicoが登場。50代・40代・30代・20代まで、世代を超えた4組のアーティストによる合同ライブを開催(2022年1月10日)|BIGLOBEニュース - BIGLOBEニュース