受賞作ドットジェイピー

すばる文学賞

Wikipedia情報

すばる文学賞(すばるぶんがくしょう)は、集英社が主催する純文学の公募新人文学賞である。集英社出版四賞の1つ。受賞作は同社が発行する文芸誌『すばる』11月号に掲載される(第17回までは12月号)。受賞者には正賞として記念品、副賞として100万円が授与される。毎年3月末日締め切り。 受賞作一覧 選考委員 第1回から第5回 - 秋山駿、井上光晴、黒井千次、田久保英夫、三浦哲郎 第6回から第10回 - 後藤明生、佐伯彰一、中村真一郎、三木卓、安岡章太郎 第11回 - 青野聰、磯田光一(選考会前に死去)、井上ひさし、日野啓三、水上勉 第12回 - 青野聰、井上ひさし、日野啓三、水上勉 第13回から第15回 - 青野聰、井上ひさし、高橋源一郎、日野啓三、水上勉 第16回 - 新井満、石原慎太郎、瀬戸内寂聴、中上健次(選考会前に死去)、宮本輝 第17回から第20回 - 新井満、石原慎太郎、瀬戸内寂聴、宮本輝 第21回から第25回 - 奥泉光、川村湊、島田雅彦、高樹のぶ子、三木卓 第26回から第30回 - 川上弘美、笙野頼子、辻仁成、藤沢周、又吉栄喜 第31回から第35回 - 江國香織、奥泉光、角田光代、高橋源一郎、星野智幸 第36回から - 江國香織、奥泉光、角田光代、高橋源一郎、堀江敏幸 脚注 注釈 出典 関連項目 文学賞の一覧 集英社出版四賞 柴田錬三郎賞 小説すばる新人賞 開高健ノンフィクション賞 文芸誌主催新人賞 文學界新人賞 群像新人文学賞 文藝賞 新潮新人賞 外部リンク すばる文学カフェ。

受賞作一覧

2019

第43回

2018

第42回

2017

第41回

2016

第40回

2015

第39回

2014

第38回

2013

第37回

2012

第36回

2011

第35回

2010

第34回

2009

第33回

2008

第32回

2007

第31回

2006

第30回

2005

第29回

2004

第28回

2003

第27回

2002

第26回

2001

第25回

2000

第24回

1999

第23回

1998

第22回

1997

第21回

1996

第20回

1995

第19回

1993

第17回

1992

第16回

1991

第15回

1990

第14回

1989

第13回

1987

第11回

1986

第10回

1985

第9回

1984

第8回

1983

第7回

1982

第6回

1981

第5回

1980

第4回

1979

第3回

1978

第2回

1977

第1回

関連トピックス

高圧的な男性、ハラスメントが横行するバラエティ番組……金原ひとみがパリから帰国して感じた“閉塞感”(文春オンライン) - Yahoo!ニュース 松本穂香、高校時代は演劇部で“冷凍マグロ”役「一生懸命やっていました」 - 岩手日報 映画『君が世界のはじまり』完成記念トークイベント実施!!松本穂香、中田青渚、片山友希、金子大地、甲斐翔真、小室ぺい、ふくだ監督が登壇! - エンタメ〜テレ 最新映画ナビ 『賭博黙示録カイジ』や『賭ケグルイ』にも通じるスリル! 宮内悠介が描くギャンブル文学『黄色い夜』の凄み(リアルサウンド) - Yahoo!ニュース 呉勝浩『スワン』第73回日本推理作家協会賞〈長編および連作短編集部門〉受賞! - PR TIMES 【大鶴義丹 やっぱりOUTだぜ!!】手越祐也の記者会見に感じた「世代」の違い 「失敗」断言するワイドショーに若者たちは冷めた反応 - ZAKZAK 【文芸時評】7月号 面白さと退屈のはざまで 早稲田大学教授・石原千秋 - 産経ニュース 私たちは「百年の孤独」を運命づけられているのだろうか。それを考えるのはそれぞれの読者である - ニコニコニュース