受賞作ドットジェイピー

日本ファンタジーノベル大賞

Wikipedia情報

日本ファンタジーノベル大賞(にほんファンタジーノベルたいしょう)とは、読売新聞東京本社と清水建設(第10回までは三井不動産販売)が主催し、新潮社が後援していた文学賞。1989年創設。 未発表の創作ファンタジー小説を公募。プロ・アマを問わない。大賞賞金は500万円で、受賞作品は新潮社から刊行される。候補作には挙がったものの、入賞していない作品でも優れていれば刊行された(恩田陸や小野不由美など)。 第25回(2013年度)を機に「創設から四半世紀の節目を迎え、一定の役割を終えた」として賞を休止することが、2013年12月3日付で発表された。 かつては大賞受賞作品が『小説新潮』に全文掲載されていたこともある。 創設の経緯 1989年に読売新聞東京本社と三井不動産販売が、三井不動産販売の創業20周年を迎えた記念事業として始めた文学賞で、三井不動産販売は1998年まで主催した。バブル経済の好景気の末期でもあり、三井不動産販売が広告代理店各社に企画案を提出させ、その中から読売広告社のファンタジーをテーマにした文学賞という案が採用。

受賞作一覧

2013

第25回

2012

第24回

2011

第23回

2010

第22回

2009

第21回

2008

第20回

2007

第19回

2006

第18回

2005

第17回

2004

第16回

2003

第15回

2002

第14回

2001

第13回

2000

第12回

1999

第11回

1998

第10回

1997

第9回

1996

第8回

1995

第7回

1994

第6回

1993

第5回

1992

第4回

1991

第3回

1990

第2回

1989

第1回