受賞作ドットジェイピー

カフカ賞

Wikipedia情報

フランツ・カフカ賞(フランツ・カフカしょう、チェコ語: Cena Franze Kafky)は、チェコの文学賞。 2001年創設。チェコのフランツ・カフカ協会がプラハ出身の作家フランツ・カフカにちなんで創設した賞であり、「現代の世界文学における最も偉大な作家の一人であるカフカの作品のように、自らの出自や国民性、属する文化といったものにとらわれない読み手たちに向けて書こうとする現代作家の、芸術的に特に優れた文学作品を評価すること」を指針として受賞者の選定が行われる。賞金は1万ドルであり、カフカにちなんだブロンズ像が副賞として贈られる。授賞式はプラハの旧市庁舎で行われる。 2004年にオーストリアの女性作家エルフリーデ・イェリネク、2005年にはイギリスの劇作家ハロルド・ピンターが受賞し、両名はいずれも同年にノーベル文学賞を受賞した。2006年には日本の村上春樹がアジア圏で初の受賞、2007年にはフランスのイヴ・ボヌフォワが詩人として初の受賞を果たしている。 受賞者一覧 外部リンク SPOLEČNOST FRANZE KAFKY (チェコ語) (英語) (ドイツ語)。

受賞作一覧

2017

第17回

2016

第16回

2015

第15回

2014

第14回

2013

第13回

2012

第12回

2011

第11回

2010

第10回

2009

第9回

2008

第8回

2007

第7回

2006

第6回

2005

第5回

2004

第4回

2003

第3回

2002

第2回

2001

第1回

関連トピックス

This RSS feed URL is deprecated 物流のグローバル化がもたらした恩恵と犠牲を明らかに―山本 紀夫『コロンブスの不平等交換 作物・奴隷・疫病の世界史』池内 紀による書評 - Yahoo!ニュース 個人 フラメンコ界の異端児イスラエル・ガルバンが魂の叫びを訴える - CINRA.NET(シンラドットネット) “ダメカッコいい”長谷川博己、朝ドラ「まんぷく」では“ハセヒロイン”!? - cinemacafe.net トリンドル玲奈が一人旅で語った仕事・恋愛・結婚観とは? 離島の絶景スポットに猫島も登場するドキュメンタリー番組『ONE DAY~わたしの「いつか」を叶える旅~by ... - ニフティニュース 作家・中村文則、新作執筆の中で「亀甲縛りまで覚えました」 - アエラドット 朝日新聞出版 池内 紀・評『私の生い立ち』与謝野晶子・著 - 毎日新聞 【著者に訊け】久保寺健彦氏『青少年のための小説入門』 - ニフティニュース 追悼 米作家、フィリップ・ロス氏 性・人種・階級…タブーへの挑戦者 慶応大学教授(アメリカ文学)・巽孝之 - 産経ニュース フラメンコの枠を超え、いま世界中の劇場が絶賛する舞踊家イスラエル・ガルバン - webDICE 村上春樹さん、今年もノーベル文学賞は難しい? 「女性の扱い」問題か - iza(イザ!)