受賞作ドットジェイピー

伊藤整文学賞

Wikipedia情報

伊藤整文学賞(いとうせいぶんがくしょう)は、地元・小樽市出身の文学者伊藤整を記念して1990年に小樽市が創設した文学賞である。小説と評論の2部門がある。受賞者には斎藤吉郎作「カモメ呼ぶ少女」のブロンズ像と、副賞100万円が贈られる。主催は伊藤整文学賞の会、小樽市、北海道新聞社。なお、主催している小樽市の資金難などから2014年の第25回を以って終了となった。 受賞作 第1回から第10回 第1回(1990年) 小説:大江健三郎『人生の親戚』 評論:秋山駿『人生の検証』 第2回(1991年) 小説:三浦哲郎『みちづれ』 評論:佐木隆三『身分帳』 第3回(1992年) 小説:日野啓三『断崖の年』 評論:川村二郎『アレゴリーの織物』 第4回(1993年) 小説:上西晴治『十勝平野』 評論:該当作無し 第5回(1994年) 小説:小川国夫『悲しみの港』 評論:池澤夏樹『楽しい終末』 第6回(1995年) 小説:津島佑子『風よ、空駆ける風よ』 評論:桶谷秀昭『伊藤整』 第7回(1996年) 小説:松山巌『闇のなかの石』 評論:柄谷行人『坂口安吾と中上健次』 第8回(1997年) 小説:石和鷹『地獄は一定すみかぞかし 小説暁烏敏』 評論:井口時男『柳田国男と近代文学』 第9回(1998年) 小説:該当作無し(車谷長吉『赤目四十八瀧心中未遂』が選ばれるも受賞辞退) 評論:加藤典洋『敗戦後論』 第10回(1999年) 小説:河野多惠子『後日の話』 評論:多田道太郎『変身 放火論』 第11回から第20回 第11回(2000年) 小説:川上弘美『溺レる』 評論:四方田犬彦『モロッコ流謫』 第12回(2001年) 小説:増田みず子『月夜見』 評論:中沢新一『フィロソフィア・ヤポニカ』 第13回(2002年) 小説:高橋源一郎『日本文学盛衰史』 評論:三浦雅士『青春の終焉』 第14回(2003年) 小説:多和田葉子『容疑者の夜行列車』 評論:該当作無し 第15回(2004年) 小説:阿部和重『シンセミア』 評論:川村湊『補陀落』 第16回(2005年) 小説:笙野頼子『金毘羅』 評論:富岡多恵子『西鶴の感情』 第17回(2006年) 小説:島田雅彦『退廃姉妹』 評論:川西政明『武田泰淳伝』 第18回(2007年) 小説:青来有一『爆心』 評論:出口裕弘『坂口安吾 100歳の異端児』 第19回(2008年) 小説:荻野アンナ『蟹と彼と私』 評論:穂村弘『短歌の友人』 第20回(2009年) 小説:リービ英雄『仮の水』 評論:安藤礼二『光の曼陀羅』 第21回から第25回 第21回(2010年) 小説:該当作なし 評論:高橋英夫『母なるもの―近代文学と音楽の場所』、宮沢章夫『時間のかかる読書―横光利一『機械』を巡る素晴らしきぐずぐず』 第22回(2011年) 小説:角田光代『ツリーハウス』、宮内勝典『魔王の愛』 評論:該当作なし 第23回(2012年) 小説:堀江敏幸『なずな』 評論:川本三郎『白秋望景』 第24回(2013年) 小説:三木卓『K』、辻原登『冬の旅』 評論:該当作なし 第25回(2014年) 小説:佐伯一麦『渡良瀬』 評論:黒川創『国境[完全版]』 選考委員 第1回から第2回 - 井上靖(委員長として)、大庭みな子、菅野昭正、黒井千次、高橋英夫、八木義徳、安岡章太郎 第3回から第5回 - 大庭、菅野、黒井、高橋、八木、安岡 大庭に代わり津島佑子 八木に代わり川村二郎 第12回から第17回 - 川村、菅野、黒井、高橋、津島、安岡 第18回から - 菅野、黒井、津島、松山巌 第25回 - 菅野、黒井、増田みず子、松山 脚注 外部リンク 伊藤整文学賞の会。

受賞作一覧

2014

第25回

2013

第24回

2012

第23回

2011

第22回

2010

第21回

2009

第20回

2008

第19回

2007

第18回

2006

第17回

2005

第16回

2004

第15回

2003

第14回

2002

第13回

2001

第12回

2000

第11回

1999

第10回

1998

第9回

1997

第8回

1996

第7回

1995

第6回

1994

第5回

1993

第4回

1992

第3回

1991

第2回

1990

第1回