受賞作ドットジェイピー

三島由紀夫賞

Wikipedia情報

三島由紀夫賞(みしまゆきおしょう)は、作家・三島由紀夫の業績を記念し新潮社の新潮文芸振興会が主催する文学賞。略称は「三島賞」。新潮社は新潮社文学賞(1954-1967年)、日本文学大賞(1969-1987年)を主催してきたが、それに代わるものとして、三島没後17年の1987年(昭和62年)9月1日に創設され、翌1988年(昭和63年)に選考・授与が開始された。 三島由紀夫は新潮社と付き合いが深く、『愛の渇き』『潮騒』をはじめ、書き下ろしの小説を何冊も出し、晩年は『豊饒の海』四部作を雑誌『新潮』に連載した。没後は新潮社から全集が出され、小説と戯曲の多くが新潮文庫に収録された。新潮社が芥川賞・直木賞と同種のカテゴリーを要求しつつ新しい才能を求めるべく打ち出したのが、三島由紀夫賞と山本周五郎賞である。 選考 対象は小説、評論、詩歌、戯曲の「文学の前途を拓く新鋭の作品一篇に授与する」としている。2013年(平成25年)時点では、候補作・受賞作のほとんどは小説作品である。 選考会は5月中旬頃(前年の4月1日から選考年の3月31日までの発表作品が選考対象)。

受賞作一覧

2019

第32回

2018

第31回

2017

第30回

2016

第29回

2015

第28回

2014

第27回

2013

第26回

2012

第25回

2011

第24回

2010

第23回

2009

第22回

2008

第21回

2007

第20回

2006

第19回

2004

第17回

2003

第16回

2002

第15回

2001

第14回

2000

第13回

1999

第12回

1998

第11回

1997

第10回

1996

第9回

1995

第8回

1994

第7回

1993

第6回

1991

第4回

1990

第3回

1989

第2回

1988

第1回

関連トピックス

芥川賞作家がトーク 上田岳弘さん、サイン会も 明石・来月2日 /兵庫 - 毎日新聞 【話の肖像画】第31回世界文化賞受賞 歌舞伎俳優・坂東玉三郎(69)(7)三島由紀夫の心つかむ - 産経ニュース 五輪招致で痛感、日本人に足りない「教養」とは(2019年10月15日)|BIGLOBEニュース - BIGLOBEニュース 廃墟ホテルにハント…「幽霊を見たい」と願う芥川賞作家の怪談コラム - ananweb Topics:ドイツ語の翻訳事情 奨学金、セミナー充実 日本語作品、漫画中心に盛ん - 毎日新聞 デザインとアートの境界線はどこにあるか?―平野啓一郎×水野学 対談 - ダイヤモンド・オンライン