受賞作ドットジェイピー

三島由紀夫賞

Wikipedia情報

三島由紀夫賞(みしまゆきおしょう)は、作家・三島由紀夫の業績を記念し新潮社の新潮文芸振興会が主催する文学賞。略称は「三島賞」。新潮社は新潮社文学賞(1954-1967年)、日本文学大賞(1969-1987年)を主催してきたが、それに代わるものとして、三島没後17年の1987年(昭和62年)9月1日に創設され、翌1988年(昭和63年)に選考・授与が開始された。 三島由紀夫は新潮社と付き合いが深く、『愛の渇き』『潮騒』をはじめ、書き下ろしの小説を何冊も出し、晩年は『豊饒の海』四部作を雑誌『新潮』に連載した。没後は新潮社から全集が出され、小説と戯曲の多くが新潮文庫に収録された。新潮社が芥川賞・直木賞と同種のカテゴリーを要求しつつ新しい才能を求めるべく打ち出したのが、三島由紀夫賞と山本周五郎賞である。

受賞作一覧

2021

第34回

2020

第33回

2019

第32回

2018

第31回

2017

第30回

2016

第29回

2015

第28回

2014

第27回

2013

第26回

2012

第25回

2011

第24回

2010

第23回

2009

第22回

2008

第21回

2007

第20回

2006

第19回

2004

第17回

2003

第16回

2002

第15回

2001

第14回

2000

第13回

1999

第12回

1998

第11回

1997

第10回

1996

第9回

1995

第8回

1994

第7回

1993

第6回

1991

第4回

1990

第3回

1989

第2回

1988

第1回

関連トピックス

坪田文学賞に乗代雄介さん 「旅する練習」(共同通信) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 芥川賞直木賞まもなく発表 注目は直木賞候補の人気作家2人の対決 - 朝日新聞デジタル 宮内悠介さん『かくして彼女は宴で語る』刊行記念イベント開催決定!|イベント情報|幻冬舎編集部 - gentosha.jp ひと:岸政彦さん=「リリアン」で第38回織田作之助賞 - 毎日新聞 横尾忠則「絵画は行為そのものが肉体的 三島由紀夫のように強調する必要はない」 - goo.ne.jp 「TBSドキュメンタリー映画祭2022」バラエティーに富んだ11作品のラインナップ(オリコン) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース ルポライター・安田峰俊さんのnoteをもとにした書籍!『みんなのユニバーサル文章術』が1月26日に発売 - PR TIMES 第166回芥川賞に砂川文次さん「ブラックボックス」|好書好日 - 好書好日 特集ワイド:この国はどこへ コロナの時代に 足踏みする毎日は「全員留年」 作家・綿矢りささん 37歳 - 毎日新聞