受賞作ドットジェイピー

新潮ドキュメント賞

Wikipedia情報

新潮ドキュメント賞(しんちょうドキュメントしょう)は、財団法人新潮文芸振興会が主催するノンフィクションを対象とした文学賞である。ノンフィクションの既刊に与えられる文学賞としては最も後発である。もともとは新潮学芸賞として1988年から2001年の第14回まで続いたものであったが、2002年からノンフィクションを対象とする新潮ドキュメント賞と、評論・エッセイを対象とする小林秀雄賞とに分離した。 2002年(平成14年)を第一回として、毎年8月に受賞作が発表される。発表誌は『新潮45』、同誌休刊後は『週刊新潮』。副賞100万円。過去の受賞作としては、賞が設立された2002年から2017年までの17の受賞作中、新潮社から発行された作品が8作品と5割近くを占める。

受賞作一覧

2022

第21回

2021

第20回

2020

第19回

2019

第18回

2018

第17回

2017

第16回

2016

第15回

2015

第14回

2014

第13回

2013

第12回

2012

第11回

2011

第10回

2010

第9回

2009

第8回

2008

第7回

2007

第6回

2006

第5回

2005

第4回

2004

第3回

2003

第2回

2002

第1回

関連トピックス

「塙山キャバレー」にはなぜドラマがあるのか…取材Dが感じた ... - Yahoo!ニュース なぜ人は歪んだ教義を信じるのか…佐藤優「まっとうな宗教とカルト ... - livedoor 「マサル、君は私の試験に合格だ」佐藤優がロシアの大物との距離感を ... - livedoor 「スマホ育児」で育った子は将来どうなるのか…非行や不登校に共通 ... - livedoor 原始時代からのDNAが作用している…佐藤優「相手との関係を深く ... - livedoor 理由を聞いても「わかんない」「言われたから」…15歳から売春を ... - Yahoo!ファイナンス 2022年ベスト - nobodymag