受賞作ドットジェイピー

小林秀雄賞

Wikipedia情報

小林秀雄賞(こばやしひでおしょう)は、財団法人新潮文芸振興会が主催する学術賞である。元々は新潮学芸賞だったが、2002年(平成14年)にノンフィクションをメインとする新潮ドキュメント賞と分離して創設された。 日本を代表する文芸評論家・批評家の小林秀雄の生誕100年を記念として新たに創設された学術賞である。日本語表現豊かな著書(評論・エッセイ)に毎年贈られる。ただし、小説・詩・フィクションは対象外である。 選考委員 加藤典洋 関川夏央 堀江敏幸 養老孟司 河合隼雄( - 第5回) 橋本治(第6回 - ) 受賞者 第1回から第10回 第1回 (2002年) - 橋本治『三島由紀夫とはなにものだったのか』(新潮社)、斎藤美奈子『文章読本さん江』(筑摩書房) 第2回 (2003年) - 岩井克人『会社はこれからどうなるのか』(平凡社)、吉本隆明 『夏目漱石を読む』(筑摩書房)  第3回 (2004年) - 佐野洋子『神も仏もありませぬ』(筑摩書房)、中沢新一『対称性人類学 カイエソバージュV』(講談社) 第4回 (2005年) - 茂木健一郎『脳と仮想』(新潮社) 第5回 (2006年) - 荒川洋治『文芸時評という感想』(四月社)  第6回 (2007年) - 内田樹『私家版・ユダヤ文化論』(文藝春秋) 第7回 (2008年) - 多田富雄『寡黙なる巨人』(集英社) 第8回 (2009年) - 水村美苗『日本語が亡びるとき』(筑摩書房) 第9回 (2010年) - 加藤陽子『それでも、日本人は『戦争』を選んだ』(朝日出版社) 第10回 (2011年) - 高橋秀実『ご先祖様はどちら様』(新潮社) 第11回から第20回 第11回 (2012年) - 小澤征爾、村上春樹『小澤征爾さんと、音楽について話をする』(新潮社) 第12回 (2013年) - 山口晃『ヘンな日本美術史』(祥伝社) 第13回 (2014年) - 山田太一『月日の残像』(新潮社) 第14回 (2015年) - 小熊英二『生きて帰ってきた男』(岩波書店) 外部リンク 小林秀雄賞。

受賞作一覧

2019

第18回

2018

第17回

2017

第16回

2016

第15回

2015

第14回

2014

第13回

2013

第12回

2012

第11回

2011

第10回

2010

第9回

2009

第8回

2008

第7回

2007

第6回

2006

第5回

2005

第4回

2004

第3回

2003

第2回

2002

第1回

関連トピックス

コロナ不安で脳がおかしくなるとどうなるのか(プレジデントオンライン) - Yahoo!ニュース 茂木健一郎「『麒麟がくる』は最高の脳トレである」(プレジデントオンライン) - Yahoo!ニュース 後手の対応、買い占めに奔走 コロナで露見した日本社会の「サル化」 - livedoor 「韋駄天お正」の成れの果てとはかくの如きもの。最後の一行まで胸のすく自伝 - ニコニコニュース