受賞作ドットジェイピー

手塚治虫文化賞

Wikipedia情報

手塚治虫文化賞(てづかおさむぶんかしょう)は、朝日新聞社が主催する、優れた漫画に授与する各賞の総称である。 手塚治虫の業績を記念し、「マンガ文化の健全な発展」を目的に1997年に創設。選考委員として、業界の重鎮ではなく「現在の漫画をよく読む人物」が選ばれている点、選考委員の審査内容が公開される点が特徴である。 選考年の前年に発行され、読者・選考委員から推薦された単行本が対象(このため連載中の作品でも単行本が出なかったものは選考対象にならない)。審査員の投票による一次選考ののち、最終選考を経て各受賞作が決定される。選考委員の推薦・投票内容は公開される。 選考方法 一次選考 マンガ関係者と一般読者からの推薦をもとに選ばれた選考対象作品に、審査員一人につき持ち点15点、1作品にひとり最大5点までの投票が行なわれる(点の振り分け方は自由)。上位の作品がノミネート作品となる。 最終選考 第6回までは1位~5、6位までの傾斜配点による審査員の投票により決定されていた。

受賞作一覧

2020

第24回

2019

第23回

2018

第22回

2017

第21回

2016

第20回

2015

第19回

2014

第18回

2013

第17回

2012

第16回

2011

第15回

2010

第14回

2009

第13回

2008

第12回

2007

第11回

2006

第10回

2005

第9回

2004

第8回

2003

第7回

2002

第6回

2001

第5回

2000

第4回

1999

第3回

1998

第2回

1997

第1回

関連トピックス

女子校のリアリティーと浮世離れが同居する 「女の園の星」(和山やま) - 朝日新聞社 『ルーヴルの猫』で松本大洋氏が二度目のアイズナー賞受賞! 本人からコメントが到着!!:時事ドットコム - 時事通信 『ルーヴルの猫』で松本大洋が二度目のアイズナー賞を受賞!「今まで出会ったたくさんの猫たちに、感謝したい」 - music.jpニュース 私たち、ずっと前から在宅仕事です 第4回 板垣巴留編 - マイナビニュース 朝ドラ「エール」歌声も話題!柴咲コウのマルチな魅力が光る映画7選 - シネマトゥデイ 甲子園交流試合・2020センバツ32校:あなたの高校生活は一つも欠けていない 漫画家・ひぐちアサさん(50) - 毎日新聞