受賞作ドットジェイピー

小学館漫画賞

Wikipedia情報

小学館漫画賞(しょうがくかんまんがしょう)は、小学館が主催している日本の漫画賞。 過去1年間に雑誌・単行本・新聞等に発表された作品を対象としており、新しい作品や連載中の作品などが受賞作品となっている。2009年現在では対象読者を基準とした4部門が設けられている。 主催者である小学館から発表された作品が受賞することが多く、小学館が属する一ツ橋グループ系列の他社の作品がこれに次ぐ。数は少ないが系列会社以外から発表された作品が受賞することもある。(#受賞一覧を参照) 第54回平成20年度、第55回平成21年度、第56回平成22年度、第57回平成23年度では正賞として中野滋作のブロンズ像「みのり」と副賞100万円が受賞者に授与される。 簡易沿革 1955年 - 第1回開催。 1975年 - 部門が少年少女部門・青年一般部門に分かれる。 1981年 - 新たに児童部門が創設される。 1983年 - 少年少女部門が、少年部門・少女部門に分割される。 2003年 - 青年一般部門を一般向け部門に改称。

受賞作一覧

2020

第65回

2019

第64回

2018

第63回

2017

第62回

2016

第61回

2015

第60回

2014

第59回

2013

第58回

2012

第57回

2011

第56回

2010

第55回

2009

第54回

2008

第53回

2007

第52回

2006

第51回

2005

第50回

2004

第49回

2003

第48回

2002

第47回

2001

第46回

2000

第45回

1999

第44回

1998

第43回

1997

第42回

1996

第41回

1995

第40回

1994

第39回

1993

第38回

1992

第37回

1991

第36回

1990

第35回

1989

第34回

1988

第33回

1987

第32回

1986

第31回

1985

第30回

1984

第29回

1983

第28回

1982

第27回

1981

第26回

1980

第25回

1979

第24回

1978

第23回

1977

第22回

1976

第21回

1975

第20回

1974

第19回

1973

第18回

1972

第17回

1971

第16回

1970

第15回

1969

第14回

1968

第13回

1966

第11回

1965

第10回

1964

第9回

1963

第8回

1962

第7回

1960

第5回

1959

第4回

1958

第3回

1957

第2回

1956

第1回

関連トピックス

男だらけのアオハル?なにわ男子(関西ジャニーズJr.)単独初主演決定!:メンズ校|テレ東プラス - テレビ東京 なにわ男子、ドラマ『メンズ校』でグループ単独初主演!西畑大吾「個性がいいようにマッチすれば」 - めるも なにわ男子、ドラマ『メンス?校』でグルーフ?単独初主演!西畑大吾「個性か?いいようにマッチすれば」 - ニフティニュース 手塚治虫が認めた早熟の天才!トキワ荘の紅一点の漫画家 水野英子画業65周年の軌跡をまとめた「水野英子画集」3月30日(月)発売! - PR TIMES 今泉佑唯が美しき刺客を演じ切る 舞台「あずみ~戦国編~」 | Daily News - Billboard JAPAN <今泉佑唯>“4代目あずみ”開幕控え迫力ゲネプロ 鋭い眼光で殺陣&表情豊かな演技披露(MANTANWEB) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 社会に絶望していた自分が、漫画家になろうと思ったワケ ギャグ漫画家 田島シュウさん独占インタビュー(前編) - J-CASTニュース WEARE、『ダイヤのA actⅡ アラームアプリ』を配信開始 「沢村栄純」を皮切りに「降谷暁」や「御幸一也」も今後登場 - SocialGameInfo 【柴門ふみの人生相談】働かない夫と離婚がしたい - 産経ニュース 弘兼憲史氏 70歳を過ぎて生きることの極意…「島耕作」著者が語る老いじたく(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース 異能の漫画家・都留泰作による、異色の歴史ファンタジー漫画が誕生! 単行本の刊行に先立ち、LINEマンガによる配信もスタート。:時事ドットコム - 時事通信 芸人が“少年ジャンプ”で賞獲得!シャンプーこいで、アシスタントの快挙に「パパは漫才師どないなんねん」 (2020年3月18日) - エキサイトニュース - エキサイトニュース 100日後に死ぬワニの「奇跡」から、あらためて考えるべき平凡な1日の重み(徳力基彦) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース