受賞作ドットジェイピー

文化庁メディア芸術祭

Wikipedia情報

文化庁メディア芸術祭(ぶんかちょうメディアげいじゅつさい、英語: Japan Media Arts Festival)は、文化庁メディア芸術祭実行委員会(文化庁、国立新美術館)が主催しているアートとエンターテインメントの祭典。芸術性と創造性をもつ優れたメディア芸術作品を表彰することを目的に、1997年度から毎年実施されている。また、受賞作を対象に展示会や関連イベントなどが行われる。 アート部門、エンターテインメント部門、アニメーション部門、マンガ部門 の4部門について、大賞・優秀賞・新人賞を選定。また、第5回(2001年)と第6回(2002年)には特別賞、第7回(2003年)以降は功労賞が授与されている。受賞者にはそれぞれトロフィー、賞金、そして文部科学大臣賞が贈呈される。 実施当初は、デジタルアート(インタラクティブ)、デジタルアート(ノンインタラクティブ)、アニメーション、マンガの4部門だったが、2003年度(第7回)から現在の4部門に変更された。 2002年からは受賞作品を中心に地方展および地方巡回事業が実施されている。 2022年8月24日、今年度は作品募集を行わないと公式ウェブサイトで発表し、これについて朝日新聞は文化庁への取材を元に、「役割を終えた」として第25回をもって文化庁メディア芸術祭は終了と報じている。

受賞作一覧

2022

第25回

2021

第24回

2020

第23回

2019

第22回

2018

第21回

2017

第20回

2016

第19回

2015

第18回

2014

第17回

2013

第16回

2012

第15回

2011

第14回

2010

第13回

2009

第12回

2008

第11回

2007

第10回

2006

第9回

2005

第8回

2004

第7回

2003

第6回

2002

第5回

2001

第4回

2000

第3回

1999

第2回

1998

第1回

関連トピックス

第25回文化庁メディア芸術祭「アニメーション部門ソーシャル ... - メディア芸術カレントコンテンツ この四半世紀を受賞作品で振り返る メディア芸術祭25周年企画展 ... - Yahoo!ニュース 第25回文化庁メディア芸術祭 「エンターテインメント部門 ... - メディア芸術カレントコンテンツ 「すごく刺激的だった」片渕須直も語る、メディア芸術祭25年の歩みを振り返る企画展(イベントレポート) - コミックナタリー 第25回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門 ワーク ... - メディア芸術カレントコンテンツ ティルマンスから恵比寿映像祭2023、マツモト建築芸術祭まで。今 ... - Yahoo!ニュース 第1回新潟国際アニメーション映画祭にりんたろう、永野護、片渕須直、磯光雄ら4人の監督が参加 - 玄光社 見逃せない!2023年おすすめの展覧会&アートイベント18選 - ELLE JAPAN アニメ映画、2月17日(金)公開記念! 累計920万部超の大ヒット ... - PR TIMES レディースファッションブランド「FURFUR」×キャラクター ... - PR TIMES 【無料漫画】ここだけのふたり!(50)「柿をとる」「お買い物」ワイルドになった有吉君?/森下裕美 - ふたまん+ ファンが選ぶ至高のBLは…? 年に一度の祭典「BLアワード2023 ... - Yahoo!ニュース 宝塚歌劇団 月組『応天の門』『Deep Sea -海神たちのカルナバル ... - Yahoo!ニュース 『坂月さかな作品集 プラネタリウム・ゴースト・トラベル』(著 ... - PR TIMES 遊郭の面影残す飛田新地を3D映像に メディアアーティストの落合 ... - 産経ニュース 【LINEマンガ】話題のwebtoon『喧嘩独学』は何がスゴい? 痛快なリベンジ・下剋上が見られる“冴えないヒーロー”の物語 - Real Sound メディアで遊ぶ永遠の子ども「どっちがどっち?いわいとしお×岩井 ... - メディア芸術カレントコンテンツ さりげなく示す韓国エンタメの底力 映画「呪呪呪/死者をあやつる ... - Yahoo!ニュース