受賞作ドットジェイピー

文藝春秋漫画賞

Wikipedia情報

文藝春秋漫画賞(ぶんげいしゅんじゅうまんがしょう)は、かつて文藝春秋が主催していた漫画に対する賞である。 1955年に設立。漫画集団や雑誌『文藝春秋漫画讀本』に代表されるような、「児童漫画や劇画と一線を画する」現在では「大人漫画」と呼ばれる旧来の「漫画」を表彰するために作られた賞であり、4コマ漫画、一コマ漫画、風刺漫画を対象とした漫画賞だった。ただし、「新人賞」なのか「功労賞」なのかが曖昧で、選考が一貫しなかった。 山藤章二、和田誠、古川タクのイラスト、長新太の絵本、マッド・アマノのパロディ作品なども受賞している。イラストや絵本やパロディ作品も、現代日本の漫画文化を形成する重要な一形態として評価した。 だが、後期は「大人漫画」が衰退したため、かつての「児童漫画」であるところのギャグ漫画が選考対象に含まれ、吉田戦車の『伝染るんです。』などが受賞をすることになった。選考基準があいまいになり、誰が何故、受賞するか予測不可能な賞とも言われるようになる。江口寿史、とり・みき等ベテラン作家が受賞した際には、審査委員長が彼らの作品を「初めて読んで感心した」といった内容のコメントをしていた。

受賞作一覧

2001

第47回

2000

第46回

1999

第45回

1998

第44回

1997

第43回

1996

第42回

1995

第41回

1994

第40回

1992

第38回

1991

第37回

1990

第36回

1989

第35回

1988

第34回

1987

第33回

1985

第31回

1984

第30回

1983

第29回

1982

第28回

1981

第27回

1980

第26回

1979

第25回

1978

第24回

1977

第23回

1976

第22回

1975

第21回

1974

第20回

1973

第19回

1972

第18回

1971

第17回

1970

第16回

1969

第15回

1968

第14回

1967

第13回

1966

第12回

1965

第11回

1964

第10回

1963

第9回

1962

第8回

1961

第7回

1960

第6回

1959

第5回

1958

第4回

1957

第3回

1956

第2回

1955

第1回

関連トピックス

和田誠さん死去=83歳、イラストレーター - 時事通信ニュース 【上州この人】作家・阿部智里さん(27)「自分でしか書けない作品」追求 - 産経ニュース 又吉直樹が挑戦した初の新聞連載作『人間』 執筆を通して変化した自身と世界の見え方とは? - ほんのひきだし