受賞作ドットジェイピー

松本清張賞

Wikipedia情報

松本清張賞(まつもとせいちょうしょう)は、松本清張の業績を記念して、各年の良質な長篇エンターテインメント小説を表彰する(第11回以降。第10回以前に関しては後述。)公募の文学賞。公益財団法人日本文学振興会が主催、文藝春秋が運営する。 選考会は各年4月に開催され、受賞作は『オール讀物』6月号誌上で発表される。贈呈式は6月に開催され、受賞者には正賞として時計、副賞として500万円が授与される。また、受賞作は文藝春秋から単行本として刊行される。 第1回(1994年)から第5回(1998年)までは短編を募集していたが、第6回(1999年)からは長篇作品を募集している。また、当初は「広義の推理小説又は、歴史・時代小説」を対象にしていたが、第11回(2004年)以降は「ジャンルを問わぬ良質の長篇エンターテインメント小説」を対象としている。 2016年現在の選考委員は石田衣良、角田光代、中島京子、葉室麟、三浦しをんの5名。 受賞作一覧 第1回から第5回 短編(推理小説または歴史・時代小説) 第1回(1994年) 葉治英哉 「(またぎ)物見隊顚末」(「またぎ」は「犭+又」) - 2010年の文庫化(新人物往来社)時に『マタギ物見隊顚末』に改題 第2回(1995年) 該当作なし(佳作 岡島伸吾 「さざんか」(未刊行)) 第3回(1996年) 森福都 「長安牡丹花異聞」 第4回(1997年) 村雨貞郎 「マリ子の肖像」 第5回(1998年) 横山秀夫 「陰の季節」 短編を募集していた時期の受賞作は、同題の短編集に収録され、文藝春秋より刊行されている。

受賞作一覧

2020

第27回

2019

第26回

2018

第25回

2017

第24回

2016

第23回

2015

第22回

2014

第21回

2013

第20回

2012

第19回

2011

第18回

2010

第17回

2009

第16回

2008

第15回

2007

第14回

2006

第13回

2005

第12回

2004

第11回

2003

第10回

2002

第9回

2001

第8回

2000

第7回

1999

第6回

1998

第5回

1997

第4回

1996

第3回

1994

第1回

関連トピックス

水戸で「文化講演会」 松本清張賞受賞作家の登壇も - 足利経済新聞 清張賞「震雷の人」発売 作家・千葉さん、デビュー作 - 47NEWS 【食堂のおばちゃんの人生相談】49歳・会社員のお悩み | Smart FLASH[光文社週刊誌] - SmartFLASH 大衆はなぜ田中角栄、池田大作、松本清張を支持したか? 『「勤労青年」の教養文化史 』 | J-CAST BOOKウォッチ - BOOKウォッチ 【書評】『震雷の人』千葉ともこ著 スリリングな古代冒険譚 - 産経ニュース 「商品が売れない」「ヒット作を出したい」と思うなら必読!『拝啓、本が売れません』 - goo.ne.jp 「“貯金”を崩していけば先細りするしかない」待望の新章スタート! 累計150万部突破「八咫烏シリーズ」の魅力とは - 文春オンライン 【ネタバレあり】『TENET テネット』が未体験の時間SFな理由は「ノーランの蛮勇」。大森望が徹底解説(QJWeb クイック・ジャパン ウェブ) - Yahoo!ニュース 中国サスペンス映画の旗手が影響を受けた日本の作家は? 「鵞鳥湖の夜」のディアオ・イーナン監督 - 時事通信ニュース 「ミステリーの女王」山村美紗さんの素顔とは… タブー破り初の評伝、大物作家との関係も|まいどなニュース - 神戸新聞社