受賞作ドットジェイピー

松本清張賞

Wikipedia情報

松本清張賞(まつもとせいちょうしょう)は、松本清張の業績を記念して、各年の良質な長篇エンターテインメント小説を表彰する(第11回以降。第10回以前に関しては後述。)公募の文学賞。公益財団法人日本文学振興会が主催、文藝春秋が運営する。 選考会は各年4月に開催され、受賞作は『オール讀物』6月号誌上で発表される。贈呈式は6月に開催され、受賞者には正賞として時計、副賞として500万円が授与される。また、受賞作は文藝春秋から単行本として刊行される。 第1回(1994年)から第5回(1998年)までは短編を募集していたが、第6回(1999年)からは長篇作品を募集している。また、当初は「広義の推理小説又は、歴史・時代小説」を対象にしていたが、第11回(2004年)以降は「ジャンルを問わぬ良質の長篇エンターテインメント小説」を対象としている。 2016年現在の選考委員は石田衣良、角田光代、中島京子、葉室麟、三浦しをんの5名。 受賞作一覧 第1回から第5回 短編(推理小説または歴史・時代小説) 第1回(1994年) 葉治英哉 「(またぎ)物見隊顚末」(「またぎ」は「犭+又」) - 2010年の文庫化(新人物往来社)時に『マタギ物見隊顚末』に改題 第2回(1995年) 該当作なし(佳作 岡島伸吾 「さざんか」(未刊行)) 第3回(1996年) 森福都 「長安牡丹花異聞」 第4回(1997年) 村雨貞郎 「マリ子の肖像」 第5回(1998年) 横山秀夫 「陰の季節」 短編を募集していた時期の受賞作は、同題の短編集に収録され、文藝春秋より刊行されている。

受賞作一覧

2019

第26回

2018

第25回

2017

第24回

2016

第23回

2015

第22回

2014

第21回

2013

第20回

2012

第19回

2011

第18回

2010

第17回

2009

第16回

2008

第15回

2007

第14回

2006

第13回

2005

第12回

2004

第11回

2003

第10回

2002

第9回

2001

第8回

2000

第7回

1999

第6回

1998

第5回

1997

第4回

1996

第3回

1994

第1回

関連トピックス

【食堂のおばちゃんの人生相談】45歳・自営業のお悩み - SmartFLASH 【上州この人】作家・阿部智里さん(27)「自分でしか書けない作品」追求 - 産経ニュース 『ゴブリンスレイヤー』に続くか。スレ発ラノベ4を生み出した“やる夫スレ”とは? - 電撃オンライン 隆盛を極めたサービスも短い時間で消滅する。ポケベル50年の歴史に見る栄枯盛衰 - ニコニコニュース 騙して呼び出し監禁、パスコード奪取……。狙われるのは「ネットの中」だけではない。 - ニコニコニュース トランプ政権の非人道的な政策に抗議し、プログラマーが翻した反旗 - ニフティニュース コンピューターの目は簡単に欺かれる。AI認識を誤作動させるさまざまな手法 - ニコニコニュース 北上次郎『書評稼業四十年』 | Bookworm - 新潮社 フォーサイト 番組テーマソング『僕らの願い』に決定 完全書き下ろしオリジナル曲をパク・ジュニョンと中澤卓也がデュエット!「パクタクおたすけ隊」スペシャルコンサートで初披露! - ガジェット通信 【番組テーマソング『僕らの願い』に決定】完全書き下ろしオリジナル曲をパク・ジュニョンと中澤卓也がデュエット!「パクタクおたすけ隊」スペシャルコンサートで初披露!:時事ドットコム - 時事通信