受賞作ドットジェイピー

鶴屋南北戯曲賞

Wikipedia情報

鶴屋南北戯曲賞(つるやなんぼくぎきょくしょう)は光文文化財団が主催する、新作戯曲を対象とした文学賞である。受賞者には正賞としてブロンズ像、副賞として賞金200万円が与えられる。 選考委員は現役の演劇記者であり、朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日経新聞、東京新聞、報知新聞、共同通信から一人ずつ出る。 受賞作一覧 第1回から第10回 第1回(1998年) - 永井愛『ら抜きの殺意』 候補作 井上ひさし 『紙屋町さくらホテル』 坂手洋二 『海の沸点』 永井愛 『見よ、飛行機の高く飛べるを』 別役実 『金襴緞子の帯締めながら』『雨が空から降れば』 松田正隆 『月の岬』 マキノノゾミ 『東京原子核クラブ』『フユヒコ』 第2回(1999年) - 野田秀樹 『Right Eye』 候補作 岩松了 『水の戯れ』 岡部耕大 『女傑』 ケラリーノ・サンドロヴィッチ 『フローズン・ビーチ』 竹内銃一郎 『今宵限りは…』 別役実 『山猫理髪店』 松尾スズキ 『ヘブンズサイン』 第3回(2000年) - 三谷幸喜 『マトリョーシカ』 候補作 坂手洋二 『天皇と接吻』 平田オリザ 『遠い日々の人』 三谷幸喜 『温水夫妻 Mr. &Mrs. Nukumizu』 松田正隆 『花のかたち』 松尾スズキ 『母を逃がす』 野田秀樹 『パンドラの鐘』 鄭義信 『冬のひまわり』 第4回(2001年) - マキノノゾミ 『高き彼物』 候補作 別役実 『最後の晩餐』 松尾スズキ 『キレイ』 ケラリーノ・サンドロヴィッチ 『ナイス・エイジ』 斎藤憐 『恋ひ歌─白蓮と龍介』 第5回(2002年) - ケラリーノ・サンドロヴィッチ 『室温~夜の音楽~』 候補作 坂手洋二 『ピカドン・キジムナー』 松尾スズキ 『エロスの果て』 吉永仁郎 『静かな落日 広津家三代』 土田英生 『悔しい女』 第6回(2003年) - 井上ひさし 『太鼓たたいて笛ふいて』 候補作 坂手洋二 『屋根裏』 平田オリザ・金明和 『その河をこえて、五月』 中島かずき 『アテルイ』 第7回(2004年) - 唐十郎 『泥人魚』 候補作 鈴木聡 『謎の下宿人~サンセット・アパート~』 鐘下辰男 『アンコントロール?But now uncontrol?』 平田オリザ 『南島俘虜記』 坂手洋二 『心と意志』 川村毅 『バラード』 第8回(2005年) - 坂手洋二 『だるまさんがころんだ』 候補作 鈴木聡 『裸でスキップ』 篠原久美子 『ヒトノカケラ』 第9回(2006年) - 斎藤憐 『春、忍び難きを』 候補作 青木豪 『東風』 佃典彦 『ぬけがら』 土屋理敬 『梅津さんの穴を埋める』 長塚圭史 『LAST SHOW』 第10回(2007年) - 本谷有希子 『遭難、』 候補作 青木豪 『エスペラント-教師たちの修学旅行の夜』 平田オリザ 『ソウル市民 昭和望郷編』 小幡欣治 『喜劇の殿さん』 第11回から第20回 第11回(2008年) - 別役実 『やってきたゴドー』 候補作 東憲司 『軍鶏307』 岩松了 『シェイクスピア・ソナタ』 第12回(2009年) - 鄭義信 『焼肉ドラゴン』 候補作 畑澤聖悟 『親の顔が見たい』 福田善之 『颶風のあと』 長塚圭史『SISTERS』 蓬莱竜太『まほろば』 第13回(2010年) - 小幡欣治『神戸北ホテル』 候補作 前川知大 『関数ドミノ』『奇ッ怪~小泉八雲から聞いた話』 鐘下辰男 『大人の時間』 岩松了 『マレーヒルの幻影』 第14回(2011年) - 前川知大『プランクトンの踊り場』 候補作 鈴木聡 『世界の秘密と田中』 中津留章仁 『CONVENTION HAZARD~奇行遊戯』 詩森ろば 『葬送の教室』 第15回(2012年) - 鈴木聡『をんな善哉』 候補作 中津留章仁 『黄色い叫び』 東憲司 『オバケの太陽・・・ソノ太陽ハ沈マナイ・・・ソノ太陽ハ夢ヲ見ル・・・』 ふたくちつよし 『切り子たちの秋』 桑原裕子 『往転-オウテン-』 鈴木聡 『ハズバンズ&ワイブズ』 第16回(2013年) - 川村毅『4 four』、東憲司『泳ぐ機関車…アリフレタ炭鉱町ノ…少年ノ物語…』 候補作 土田英生 『少しはみ出て殴られた』 竹内銃一郎 『満ちる』 中島かずき 『シレンとラギ』 長田育恵 『青のはて-銀河鉄道前奏曲-』 第17回(2014年) - 北村想『グッドバイ』 候補作 中島かずき 『ZIPANG PUNK~五右衛門ロックIII』 古沢良太 『趣味の部屋』 岩松了 『不道徳教室』 藤田貴大 『COCOON』 長田育恵 『地を渡る舟』 第18回(2015年) - 桑原裕子『痕跡(あとあと)』 候補作 上田久美子『翼ある人びと − ブラームスとクララ・シューマン -』 宮藤官九郎『万獣こわい』 内藤裕子『初萩ノ花』 田村孝裕『世界は嘘で出来ている』 岡田利規『スーパープレミアムソフトWバニラリッチ』 第19回(2016年) - 長田育恵『蜜柑とユウウツ―茨木のり子異聞―』 候補作 古川健『追憶のアリラン』 野木萌葱『外交官』 中村暢明『ざくろのような』 山内ケンジ『水仙の花』 関連項目 光文社 岸田国士戯曲賞 外部リンク 鶴屋南北戯曲賞|光文社。

受賞作一覧

2020

第23回

2019

第22回

2018

第21回

2017

第20回

2016

第19回

2015

第18回

2014

第17回

2013

第16回

2012

第15回

2011

第14回

2010

第13回

2009

第12回

2008

第11回

2007

第10回

2006

第9回

2005

第8回

2004

第7回

2003

第6回

2002

第5回

2001

第4回

2000

第3回

1999

第2回

1998

第1回

関連トピックス

「コロナ下の世界こそ不条理劇そのもの」 坂手洋二と燐光群、別役実作品で再始動 - 朝日新聞社