受賞作ドットジェイピー

高松宮殿下記念世界文化賞

Wikipedia情報

高松宮殿下記念世界文化賞(たかまつのみやでんかきねんせかいぶんかしょう、Praemium Imperiale)は、1988年(昭和63年)に財団法人日本美術協会が前総裁・高松宮宣仁親王の「世界の文化芸術の普及向上に広く寄与したい」という遺志を継ぎ、協会設立100周年を記念して創設した賞である。 「絵画」、「彫刻」、「建築」、「音楽」、「演劇・映像」の5部門で優れた人物に授与される。文化芸術の分野でノーベル賞を補完しようとする目的がある(ノーベル賞に存在する文学部門がないのはそのためである)。受賞者へは金メダルと1500万円が与えられる。 例年9月中旬に受賞者が発表され、10月下旬に明治記念館で授賞式が行われる。その報道は、日本美術協会がフジサンケイグループに属している関係で、産経新聞では1面で大きく掲載し、フジテレビジョンでは授賞式の特別番組を放送しているほか、FNNのニュース番組でも受賞者の横顔が取り上げられる。

受賞作一覧

2019

第31回

2018

第30回

2017

第29回

2016

第28回

2015

第27回

2014

第26回

2013

第25回

2012

第24回

2011

第23回

2010

第22回

2009

第21回

2008

第20回

2007

第19回

2006

第18回

2005

第17回

2004

第16回

2003

第15回

2002

第14回

2001

第13回

2000

第12回

1999

第11回

1998

第10回

1997

第9回

1996

第8回

1995

第7回

1994

第6回

1993

第5回

1992

第4回

1991

第3回

1990

第2回

1989

第1回