受賞作ドットジェイピー

本屋大賞

Wikipedia情報

本屋大賞(ほんやたいしょう)とは2004年(平成16年)に設立された、NPO法人 本屋大賞実行委員会が運営する文学賞である。一般の文学賞とは異なり作家・文学者は選考に加わらず、「新刊を扱う書店(オンライン書店を含む)の書店員」の投票によってノミネート作品および受賞作が決定される。 特色 出版不況と言われる中、本の売り上げが伸びず書店も数を減らしている一方で、出版される本の点数だけが増えていく状況が背景にあった。実行委員会を立ち上げたメンバーの1人である杉江由次(本の雑誌社・営業担当)は、そんな出版界の苦境のなかでも本を売る大きな機会であるはずの直木賞で、受賞作がゼロだったことに憤り、出版社の営業として自分が普段接する書店員の声を拾い上げるために本賞の設立を思いついたのだという。 この賞は「全国書店員が選んだいちばん! 売りたい本」をキャッチコピーとして掲げており、主催する本屋大賞実行委員会は書店員こそが(商品と顧客という形で)本と読者を「最もよく知る立場」にあると位置づけ、投票資格者を書店員主体にしていることの新しさを強調する。

受賞作一覧

2020

第17回

2019

第16回

2018

第15回

2017

第14回

2016

第13回

2015

第12回

2014

第11回

2013

第10回

2012

第9回

2011

第8回

2010

第7回

2009

第6回

2008

第5回

2007

第4回

2006

第3回

2005

第2回

2004

第1回

関連トピックス

辻村深月の本屋大賞受賞作『かがみの孤城』生駒里奈、溝口琢矢らで初舞台化 - エンタステージ エディター&ライターは何を読んでいる? おうち時間を充実させた愛読書5選(ハーパーズ バザー・オンライン) - Yahoo!ニュース 【この本と出会った】『まんが日本昔ばなし第2巻』 命の力と幸せの価値観 エッセイスト、コメンテーター・安藤和津 - 産経ニュース 『ななにー』稲垣吾郎、凪良ゆう氏と対談 SPライブは山内惠介と“夏の名曲”披露 - 岩手日報 地味なタイトルに騙されないで! 書店員イチオシの美しいミステリー時代小説(本がすき。) - Yahoo!ニュース 圧倒的な透明感!宮崎あおいの演技が輝く映画8選 - シネマトゥデイ 伊坂幸太郎「逆ソクラテス」書評 ひたむきな時 爽快でせつなく - goo.ne.jp 点字毎日 図書室 話題の本/点字新刊書 - 毎日新聞 新人弁護士が辿り着いた“法の落とし穴”とは? ドイツ国家を揺るがした小説の完全映画化 〈週刊朝日〉(AERA dot.) - Yahoo!ニュース 『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』のブレイディみかこ 注目の新刊で愛すべき「おっさん」たちを描く(Book Bang) - Yahoo!ニュース 新人小説ヒットへ導いたリモート戦略 - 福井新聞 芦田愛菜主演映画「星の子」10月劇場公開決定&ティザー・ヴィジュアル公開 - CDJournal.com 月村了衛さんが叱られても通い続けるしかなかった"子供の狭い世界"の書店 - ほんのひきだし ラノベのお姉さん/大衆文芸の妹 「ライト文芸」誕生とその歩み - KAI-YOU.net