受賞作ドットジェイピー

太宰治賞

Wikipedia情報

太宰治賞(だざいおさむしょう)は、三鷹市と筑摩書房が共同で主催する公募新人文学賞である。 第1回から第14回までは筑摩書房のみで行っていたが業績悪化に伴い休止、太宰治没50年の1999年より現在の形となり、年1回発表されている。受賞は選考委員の合議によって決定され、受賞者には正賞として記念品、副賞として100万円(2008年実績)が授与される。 選考委員は加藤典洋・荒川洋治・奥泉光・中島京子の4名。締め切りは12月10日。 受賞作一覧 年は受賞作の発表の年。特記がなければ、初刊は筑摩書房、文庫はちくま文庫刊。 第1回から第14回まで(筑摩書房主催) 第15回から(筑摩書房・三鷹市共同主催) 選考委員 第1回 - 石川淳、井伏鱒二、臼井吉見、唐木順三、河上徹太郎  第7回 - 臼井、唐木、河上、寺田透、中村光夫、吉行淳之介 第10回 - 井上光晴、臼井、柴田翔、中村、埴谷雄高、吉行 第13回 - 井上光晴、臼井、柴田、埴谷、吉行 第14回 - 井上光晴、臼井、柴田、埴谷、吉行,野間宏 第15回から第19回 - 加藤典洋、柴田翔、高井有一、吉村昭 第20回から第24回 - 小川洋子、加藤典洋、柴田翔、高井有一 第25回から第30回 - 荒川洋治、小川洋子、加藤典洋、三浦しをん 第31回 荒川、小川、加藤 第32回から 荒川、加藤、奥泉光、中島京子 脚注 注釈 出典 関連項目 文学賞の一覧 外部リンク 太宰治賞。

受賞作一覧

2020

第36回

2019

第35回

2018

第34回

2017

第33回

2016

第32回

2015

第31回

2014

第30回

2013

第29回

2012

第28回

2011

第27回

2010

第26回

2009

第25回

2008

第24回

2007

第23回

2006

第22回

2005

第21回

2004

第20回

2003

第19回

2002

第18回

2001

第17回

2000

第16回

1999

第15回

1978

第14回

1977

第13回

1976

第12回

1975

第11回

1974

第10回

1973

第9回

1971

第7回

1970

第6回

1969

第5回

1968

第4回

1967

第3回

1966

第2回

関連トピックス

太宰治の死をきっかけにライスカレーを100人前注文した坂口安吾……作家たちの“仰天エピソード”(文春オンライン) - Yahoo!ニュース 映像でも独特の世界観を表現!ファッション業界出身の映画監督に注目(cinemacafe.net) - Yahoo!ニュース 【文芸時評】8月号 誰かの靴を履いてみる 早稲田大学教授・石原千秋 - 産経ニュース 原作は太宰治の遺作!“グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~”レンタル開始 - ストレートプレス 様々な角度からじっくり見比べたい演劇3選/ホーム・シアトリカル・ホーム~自宅カンゲキ1-2-3 [vol.34] <演劇編> - http://spice.eplus.jp/ 坂口安吾が告発した「競輪八百長」事件の残念な結末…文豪の意外な素顔 - MSN エンターテイメント 高城晶平、こだま両氏が推薦!芥川賞ノミネート作家の乗代雄介氏が長年書き継いだ伝説のブログが待望の書籍化!『ミック・エイヴォリーのアンダーパンツ』発売 - PR TIMES 天然炭酸入りナチュラルミネラルウォーター「ナベグラヴィ」 蜷川実花さんによる新CMを制作 - PR TIMES 高城晶平、こだま両氏が推薦!乗代雄介氏による伝説のブログが待望の書籍化『ミック・エイヴォリーのアンダーパンツ』! - ガジェット通信 ぐるっと東日本・母校をたずねる:静岡県立浜松西高/9止 京都大名誉教授・内山勝利さん /東京 - 毎日新聞