受賞作ドットジェイピー

文芸賞

Wikipedia情報

文藝賞(ぶんげいしょう)は、河出書房新社が1962年に設立した文学賞で、以降年一回発表されている。 受賞は選考委員の合議によって決定され、受賞者には正賞として記念品、副賞として50万円が授与される。受賞作は同社が発刊している文学雑誌『文藝』に掲載されるほか、単行本としても刊行される。締め切りは毎年の3月末日となっている。 第2回までは「長編部門」・「中・短編部門」・「戯曲部門」の3部門制をとっていた。また、1967年度には「河出長編小説賞」が存在した。 河出書房新社は同賞を小説ジャンルにおける「新人の登竜門」と位置づけて未発表の小説原稿を募集している。2000年頃から中高校生の受賞が顕著になり、それ以降の低年齢作家ブームの先駆けとされる。特に第42回には三並夏が中学3年生(発表時15歳)で受賞し、それまでで最年少の受賞者として話題を呼んだ。最終選考に残った3作品が全て受賞となることもあるなど、積極的に授賞が行われている。 受賞作一覧 第1回から第10回 第1回 (1962年) 長編部門 高橋和巳 「悲の器」 中・短編部門 田畑麦彦 「嬰ヘ短調」・西田喜代志 「海辺の物語」 佳作 柘植光彦 「裏切らなかった五人」・後藤明生 「関係」・松尾忠男 「ナン」 戯曲部門 受賞作なし 佳作 古島一雄 「わが夢の女」・近藤耕人 「風」・松原正 「藤原国衡」・朴秀鴻 「日本の空の下で」 第2回 (1963年) 長編部門 受賞作なし 佳作 三輪秀彦 「内面の都市」・三枝和子 「葬送の朝」 中・短編部門 真継伸彦 「鮫」 佳作 八登千代 「夜明けまで」・竹内泰宏 「見張り」 戯曲部門 受賞作なし 佳作 藤本義一 「日時計の家」・古島一雄 「青ひげ」 第3回 (1964年) 受賞作なし 佳作 北小路功光 「ミクロコスモス」 第4回 (1966年) 金鶴泳 「凍える口」 佳作 加藤敦美 「大山兵曹」 第5回 (1967年) 受賞作なし 第6回 (1969年) 受賞作なし(野中周平が受賞辞退) 第7回 (1970年) 黒羽英二 「目的補語」・小野木朝子 「クリスマスの旅」 第8回 (1971年) 本田元弥 「家のなか・なかの家」・後藤みな子 「刻を曳く」 第9回 (1972年) 尾高修也 「危うい歳月」 第10回 (1973年) 受賞作なし 佳作 北澤輝明 「あわいの構図」・赤坂清一 「帰らざる道」 第11回から第20回 第11回 (1974年) 小沢冬雄 「鬼のいる杜で」 第12回 (1975年) 阿嘉誠一郎 「世の中や」 第13回 (1976年) 外岡秀俊 「北帰行」 第14回 (1977年) 星野光徳 「おれたちの熱い季節」・松崎陽平 「狂いだすのは三月」 第15回 (1978年) 黒田宏治郎 「鳥たちの闇のみち」 佳作 小林景子 「回帰点」 第16回 (1979年) 冥王まさ子 「ある女のクリンプス」・宮内勝典 「南風」 第17回 (1980年) 青山健司 「囚人のうた」・田中康夫 「なんとなく、クリスタル」・中平まみ 「ストレイ・シープ」 第18回 (1981年) 堀田あけみ 「1980アイコ十六歳」・ふくださち 「百色メガネ」・山本三鈴 「みのむし」 第19回 (1982年) 柳川春町 「日曜日には愛の胡瓜を」 第20回 (1983年) 若一光司 「海に夜を重ねて」・山本昌代(東斎屋金魚から改名) 「応為坦坦録」 第21回から第30回 第21回 (1984年) 平中悠一 「She's rain」・渥美饒兒 「ミッドナイト・ホモサピエンス」 第22回 (1985年) 山田詠美 「ベッドタイムアイズ」 第23回 (1986年) 岡本澄子 「零れた言葉」 佳作 梅田香子 「勝利投手」 第24回 (1987年) 笹山久三 「四万十川 あつよしの夏」 佳作 久間十義 「マネーゲーム」 第25回 (1988年) 長野まゆみ 「少年アリス」・飯嶋和一 「汝ふたたび故郷へ帰れず」 第26回 (1989年) 比留間久夫 「YES・YES・YES」・ 結城真子 「ハッピーハウス」 第27回 (1990年) 芦原すなお 「青春デンデケデケデケ」(直木賞) 第28回 (1991年) 川本俊二 「Rose」・吉野光 「撃壌歌」 第29回 (1992年) 三浦恵 「音符」 佳作 真木健一 「白い血」 第30回 (1993年) 受賞作なし 佳作 大石圭 「履き忘れたもう片方の靴」・小竹陽一朗 「DMAC」 第31回から第40回 第31回 (1994年) 雨森零 「首飾り」 第32回 (1995年) 伊藤たかみ 「助手席にて・グルグル・ダンスを踊って」 優秀作 池内広明 「ノックする人びと」・金真須美 「メソッド」 第33回 (1996年) 受賞作なし 優秀作 大鋸一正 「フレア」・佐藤亜有子 「ボディ・レンタル」 第34回 (1997年) 鈴木清剛 「ラジオデイズ」、星野智幸 「最後の吐息」 第35回 (1998年) 鹿島田真希 「二匹」 第36回 (1999年) 濱田順子 「Tiny,tiny」 第37回 (2000年) 黒田晶 「メイドインジャパン」 優秀作 佐藤智加 「肉触」 第38回 (2001年) 綿矢りさ 「インストール」 第39回 (2002年) 中村航 「リレキショ」・岡田智彦 「キッズ アー オールライト」 第40回 (2003年) 羽田圭介 「黒冷水」・生田紗代 「オアシス」・伏見憲明 「魔女の息子」 第41回から第50回 第41回 (2004年) 白岩玄 「野ブタ。

受賞作一覧

2020

第57回

2019

第56回

2018

第55回

2017

第54回

2016

第53回

2015

第52回

2014

第51回

2013

第50回

2012

第49回

2011

第48回

2009

第46回

2008

第45回

2007

第44回

2006

第43回

2005

第42回

2004

第41回

2003

第40回

2002

第39回

2001

第38回

2000

第37回

1999

第36回

1998

第35回

1997

第34回

1995

第32回

1994

第31回

1992

第29回

1991

第28回

1990

第27回

1989

第26回

1988

第25回

1987

第24回

1986

第23回

1985

第22回

1984

第21回

1983

第20回

1982

第19回

1981

第18回

1980

第17回

1979

第16回

1978

第15回

1977

第14回

1976

第13回

1975

第12回

1974

第11回

1972

第9回

1971

第8回

1970

第7回

1966

第4回

1963

第2回

1962

第1回

関連トピックス

第33回三島由紀夫賞と山本周五郎賞を振り返る 高橋源一郎さん、今野敏さんが講評|好書好日 - 好書好日 三島由紀夫賞に宇佐見りんさん 山本周五郎賞は早見和真さん(共同通信) - Yahoo!ニュース 第33回三島賞・山本賞が決定 宇佐見りん『かか』、早見和真『ザ・ロイヤルファミリー』が受賞(Book Bang) - yahoo.co.jp 【発売即、大重版出来】東野圭吾『マスカレード・ナイト』各書店で売上1位! - jiji.com 平成生まれ初の芥川賞作家・遠野遥の素顔。「小説もPDCAサイクルを回すだけ」 - Business Insider Japan 県民文化祭文芸コンクール入賞者決まる by 陸奥新報 - 陸奥新報 高校の部活で「イノシシ退治」の方法を見つけた! 『部活魂! この文化部がすごい』 | J-CAST BOOKウォッチ - BOOKウォッチ ASIAN CROSSING:台湾巨匠傑作選 2020 - ASIAN CROSSING 第33回三島由紀夫賞に宇佐見りんさん「かか」、山本周五郎賞に早見和真さん「ザ・ロイヤルファミリー」 - 好書好日 くどうれいんさん “先輩・石川啄木”を熱く語る 歌人でエッセイスト<岩手・盛岡市> - FNNプライムオンライン 波津彬子の画業40周年を記念したインタビューがflowersに、石川県でサイン会も(コミックナタリー) - Yahoo! - Yahoo!ニュース 新刊発売記念トークライブ「すべての人に星空を」9/20(日)オンライン開催 - アットプレス(プレスリリース) 本日公開『マーティン・エデン』ルカ・マリネッリが日本語であいさつ メッセージ付き本編解禁(クランクイン!) - Yahoo!ニュース 新作で芸能生活初の映画賞ゲットに期待が高まる草なぎ剛 (2020年9月26日) - エキサイトニュース - エキサイトニュース 賞金総額600万円以上、KADOKAWAが主催する日本最大級のWeb小説コンテストが「カクヨム」にて12月に開催! - PR TIMES 新文芸坐でソフィア・コッポラ監督作品35mmフィルム特集上映 - 映画ログプラス 朝ドラ『エール』第70回(9月18日)・とめどなくあふれる思い(Lmaga.jp) - Yahoo!ニュース ダイナミズムに圧倒される文芸巨篇の誕生! 映画『マーティン・エデン』は文学と映画を結ぶ最良の架け橋 | 映画 - BANGER!!!(バンガー!!!)映画評論・情報サイト まだ見ぬ文学の深い森へ…希代の批評家・佐々木敦が先導する『絶体絶命文芸時評』 - ダ・ヴィンチニュース 規格外の面白さ、ここにあり。第11回山田風太郎賞、候補作品決定! - カドブン 特集ワイド:昭和最後の20年、単純化の暴力 愚かになった境目つぶさに 作家・磯崎憲一郎さん - 毎日新聞 『かりあげクン』連載開始40周年!「カリアゲ40thプロジェクト」始動!! - PR TIMES 堤真一「色々な視点で観ることのできる映画」それぞれがいま叶えたい望みとは?『望み』完成披露試写会 - 映画の時間編集部 9/28〜10/2OA 10月2日(金)公開!映画『小説の神様 君としか描けない物語』 - テレビドガッチ ハナコ・岡部大、“朝ドラ”への出演が自信に!「撮影を思い出して、プレッシャーに勝っていきたい」<エール>(ザテレビジョン) - Yahoo!ニュース 『売れるネット広告社』 加藤公一レオが 「EOY 2020 Japan」九州地区ファイナリストに選出! - valuepress 優勝はジャルジャル!/キングオブコント決勝詳細 - 芸能 - ニッカンスポーツ 芦沢央『僕の神さま』が「読書メーターおすすめランキング」第1位!〈勝手に編集者ビブリアバトル〉開催で話題沸騰! - 時事通信 是枝監督や三宅唱、chelmicoらが絶賛!圧倒的な「青春のリアル」を生み出した映画『アボカドの固さ』とは?(QJWeb クイック・ジャパン ウェブ) - Yahoo!ニュース 特集ワイド:君は俺の小説、読みこなせるか 新作発行目標、10万円×50セット 作家・丸山健二さん - 毎日新聞 共に過ごすこと十年の秘書が語る、98歳・瀬戸内寂聴さんの生きる指針。(クロワッサンオンライン) - Yahoo!ニュース