受賞作ドットジェイピー

新潮新人賞

Wikipedia情報

新潮新人賞(しんちょうしんじんしょう)は新潮社が主催する純文学の公募新人文学賞である。受賞作の発表は同社が刊行する文芸誌『新潮』で行われる。毎年3月31日締め切り。 1968年、新潮文芸振興会が三大新潮賞のひとつとして開始した。 当時の名称は新潮文学新人賞。 同人雑誌賞の後継として運営されていたため、選考対象も『新潮』に応募された同人雑誌の中から、編集部による選考を経て『新潮』3月号の同人雑誌特集に掲載された作品とされていた。 受賞作は『新潮』5月号に再掲載され、受賞者には記念品と副賞として賞金20万円が、また受賞者の所属同人雑誌にも賞金10万円が授与された。 第4回から応募規定を変更し公募新人賞となる。対象は小説のみ。 候補作は『新潮』6月号に掲載され、受賞作は『新潮』8月号に再掲載された。 受賞者には記念品と副賞として賞金は30万円が授与された。 第10回から候補作の掲載をやめ、受賞作が『新潮』8月号に掲載されるのみとなった。 第20回より主催が『新潮』編集部に移行する。 規定が変更され、小説・評論・ノンフィクションを対象とする賞となる。

受賞作一覧

2019

第51回

2018

第50回

2017

第49回

2016

第48回

2015

第47回

2014

第46回

2013

第45回

2012

第44回

2011

第43回

2010

第42回

2009

第41回

2008

第40回

2007

第39回

2006

第38回

2005

第37回

2004

第36回

2003

第35回

2002

第34回

2001

第33回

2000

第32回

1999

第31回

1998

第30回

1997

第29回

1996

第28回

1995

第27回

1993

第25回

1992

第24回

1991

第23回

1990

第22回

1989

第21回

1988

第20回

1987

第19回

1985

第17回

1984

第16回

1983

第15回

1982

第14回

1981

第13回

1980

第12回

1979

第11回

1978

第10回

1977

第9回

1976

第8回

1975

第7回

1973

第5回

1972

第4回

1971

第3回

1970

第2回

1969

第1回

関連トピックス

【大阪特派員】書き、磨く大阪文学学校 山上直子 - 産経ニュース 馬券購入術「113の法則」には決定的な問題がある? - goo.ne.jp 伊坂幸太郎『逆ソクラテス』表紙公開! カバーイラストは画家・junaida氏による描き下ろし:時事ドットコム - 時事通信 【せめて本の世界の動物園へ】幻獣・珍獣も混じっているのでご注意を! 奇妙な動物に出会える怪奇幻想小説4選(好書好日) - Yahoo!ニュース 「転売」ではない新ビジネスを。新型コロナウィルス危機を乗り切る発想転換【連載】幻想と創造の大国、アメリカ(15)(2020年3月24日)|BIGLOBEニュース - BIGLOBEニュース テレビアニメ『池袋ウエストゲートパーク』ティザービジュアル、スタッフ&キャストが解禁! マコト役・熊谷健太郎さんら、メインキャストのコメントも公開! - ファミ通.com 新型コロナ騒動で注目されるイタリア古典文学 変わらぬ人間心理の妙(産経新聞) - Yahoo!ニュース 復興の象徴 ヤクルト・嶋の「底力」を見たい(東スポWeb) - Yahoo!ニュース 高橋 弘希 プロフィール - 文春オンライン