受賞作ドットジェイピー

新潮新人賞

Wikipedia情報

新潮新人賞(しんちょうしんじんしょう)は新潮社が主催する純文学の公募新人文学賞である。受賞作の発表は同社が刊行する文芸誌『新潮』で行われる。毎年3月31日締め切り。 1968年、新潮文芸振興会が三大新潮賞のひとつとして開始した。 当時の名称は新潮文学新人賞。 同人雑誌賞の後継として運営されていたため、選考対象も『新潮』に応募された同人雑誌の中から、編集部による選考を経て『新潮』3月号の同人雑誌特集に掲載された作品とされていた。 受賞作は『新潮』5月号に再掲載され、受賞者には記念品と副賞として賞金20万円が、また受賞者の所属同人雑誌にも賞金10万円が授与された。 第4回から応募規定を変更し公募新人賞となる。対象は小説のみ。 候補作は『新潮』6月号に掲載され、受賞作は『新潮』8月号に再掲載された。 受賞者には記念品と副賞として賞金は30万円が授与された。 第10回から候補作の掲載をやめ、受賞作が『新潮』8月号に掲載されるのみとなった。 第20回より主催が『新潮』編集部に移行する。 規定が変更され、小説・評論・ノンフィクションを対象とする賞となる。

受賞作一覧

2019

第51回

2018

第50回

2017

第49回

2016

第48回

2015

第47回

2014

第46回

2013

第45回

2012

第44回

2011

第43回

2010

第42回

2009

第41回

2008

第40回

2007

第39回

2006

第38回

2005

第37回

2004

第36回

2003

第35回

2002

第34回

2001

第33回

2000

第32回

1999

第31回

1998

第30回

1997

第29回

1996

第28回

1995

第27回

1993

第25回

1992

第24回

1991

第23回

1990

第22回

1989

第21回

1988

第20回

1987

第19回

1985

第17回

1984

第16回

1983

第15回

1982

第14回

1981

第13回

1980

第12回

1979

第11回

1978

第10回

1977

第9回

1976

第8回

1975

第7回

1973

第5回

1972

第4回

1971

第3回

1970

第2回

1969

第1回

関連トピックス

川端康成、三島由紀夫もメッタ切り!止まらない文豪の“毒舌”が素晴らしい〈dot.〉(AERA dot.) - Yahoo!ニュース 「有吉の壁」、ギャラクシー賞受賞に驚く制作スタッフ バラエティ番組に変革の機運 - ニフティニュース 川端康成、三島由紀夫もメッタ切り!止まらない文豪の“毒舌”が素晴らしい - アエラドット 朝日新聞出版 競馬のネット投票は5通り オッズ投票に挑戦すると便利だった - ニフティニュース 月村了衛さんが叱られても通い続けるしかなかった"子供の狭い世界"の書店 - ほんのひきだし 歌舞伎町ホストが短歌を詠む。Smappa!Groupと俵万智・野口あや子・小佐野彈が2年間にわたる歌会をまとめた「ホスト万葉集」発売。 - PR TIMES 休刊「アサヒカメラ」が提起した“撮り鉄問題” 鉄道雑誌ではできない好企画の意義(デイリー新潮) - Yahoo!ニュース 元SMAP草彅剛、稲垣吾郎、内田有紀、広末涼子…「アイドルはなぜ“つかこうへい”で演技に目覚めるのか」 - ニフティニュース 『嵐』櫻井翔の父親から安倍首相の妻昭恵まで。「コネ電」と呼ばれる電通は今や広告代理店などではなく「政商」である - J-CASTニュース