受賞作ドットジェイピー

講談社児童文学新人賞

Wikipedia情報

講談社児童文学新人賞(こうだんしゃじどうぶんがくしんじんしょう)は講談社が主催する公募新人文学賞である。対象作品は児童向けかつ未発表の児童文学(創作童話、小説、絵本など)。1959年、講談社創立50周年記念として「講談社児童文学作品」の名称で創設、その後改正により第5回から「講談社児童文学新人賞」となった。 現在の選考委員は、小林深雪、那須田淳、茂市久美子に講談社の第二出版部長を加えた4名。 受賞者には正賞として賞状・記念品、副賞として50万円が授与される。 受賞作の一覧 第1回から第10回 第1回(1960年) - 吉田比砂子 『雄介のたび』、松谷みよ子 『龍の子太郎』 佳作:森一雄『金と銀の道』、佐川茂造『足彦君海へ行く』、山中恒『サムライの子』 第2回(1961年) - 立原えりか 『でかでか人とちびちび人』、西沢正太郎 『プリズム村誕生』 佳作:山下喬子『プファ少年』、佐川茂『山男先生と人魚先生』、池谷二郎『傷のある靴を捜せ』 第3回(1962年) - 米沢幸男 『少年オルフェ』、佐川茂 『ルミナの座敷』 佳作:那須田稔『ぼくらの出航』、足立俊『川をはさんだ二つの国の物語』、向山武直『ころりん山ところの話』 第4回(1963年) - 竹野栄 『ブチよしっかりわたれ』、岩崎京子 『シラサギ物語』 佳作:大橋幸子『霧の中を見るめがね』、荻原恵美子『「アンネ」と「アンヤ」』、藤田孝美『カッパの国無銭旅行記』 第5回(1964年) - 赤座憲久 『大杉の地蔵』、福永令三 『クレヨン王国の十二カ月』 佳作:山県喬『たこの木学校』、西村志津代『孔雀の羽』、皆川博子『やさしい戦士』 第6回(1965年) - 生源寺美子 『草の芽は青い』、岡村太郎 『いつか太陽の下で』 佳作:香山彬子『トウスケとチョウゲンボウ』、吉田蓉理子『クリの木の下で』、岡野美枝子『ヨシオの冒険』 第7回(1966年) - 香山彬子 『シマフクロウの森』 佳作:香山彬子『金色のライオン』、中川昭『ぼくの前に道はない』、後藤竜二『天使で大地はいっぱいだ』、勢田十三夫『ラーゲルの少年』 第8回(1967年) - 該当作なし 佳作:瀬尾七重『ロザンドの木馬』、中村一雄『ビルマの耳飾り』 第9回(1968年) - 松林清明 『火の子』 佳作:森山京『子りすが五ひき』 第10回(1969年) - 該当作なし 佳作:武田英子『海のかがり火』、日野多香子『風の花ぞの』、千北ゆずる『プラスチックの空』、北里洋介『球形の地底都市モホロ』 第11回から第20回 第11回(1970年) - 鈴木妙子 『ティンクの星』、田中博 『遠い朝』 佳作:新田祐一『ボクちゃんがないた日』、荒井静子『イサムの海』、斎藤晴輝『あゆの子アッポ』 第12回(1971年) - 宇野和子 『ポケットの中の赤ちゃん』、上種ミスズ 『天の車』 佳作:石郷正『悪魔のようなジェジェ』、大谷勝義『ウタリーの星』 第13回(1972年) - 飯田栄彦 『燃えながら飛んだよ!』 佳作:槇ひろし『カポンをはいたけんじ』 第14回(1973年) - 金原徹郎 『ドベねこメチャラムニュ』 佳作:井出郁子『太陽を見たモヤシ』 第15回(1974年) - 山里るり 『水曜日には朝がある』、柏葉幸子 『霧のむこうのふしぎな町』 佳作:前中行至『光の丘』、江川圀彦『神さまがみんなをわらわせた』 第16回(1975年) - 該当作なし 佳作:辻野チヤ子『マアちゃんとヨイドン』、黒江ゆに『ヨッコちゃんと森の三つ子』、藤田博保『情っぱりとシャモ』 第17回(1976年) - 福川祐司 『ダゲのこだまる』 佳作:茨木昭『蓮根村のむすこたち』、井上寿彦『三リットルの月光』 第18回(1977年) - 野火晃 『虎』 佳作:浅川じゅん『なきむし魔女先生』、粂川妙子『遠い白球』 第19回(1978年) - 牧原辰 『小さな冒険者たち』、大原興三郎 『海からきたイワン』 佳作:谷咲子『象になった象』 第20回(1979年) - 該当作なし 佳作:奥山かずお『木の上の少年』、黒江ゆに『鬼を見た』、守道子『帰ってきたネコ』 第21回から第30回 第21回(1980年) - 森百合子 『サヤカの小さな青いノート』、池原はな 『きつねっ子先生』 第22回(1981年) - 該当作なし 佳作:竹見嶺 『あかい雨跡』、半澤周三 『海を翔ぶ惇』、梅田直子『バアちゃんあたし』 第23回(1982年) - 三輪裕子 『ぼくらの夏は山小屋で』 佳作:佐藤州男 『行こうぜ』、長谷川敬 『すい・ばく・じや』 第24回(1983年) - 該当作なし 佳作:牧原あかり『くまのレストランのひみつ』、杉山里子 『徹と五匹のうりっこたち』 第25回(1984年) - 和田英昭 『地図からきえた町』 佳作:井口直子『オタスケ事務所・本日開店!』 第26回(1985年) - 原あやめ 『さと子が見たこと』 佳作:いずみだまきこ『しぶちん変奏曲』、かずき一夫 『アリスの森』 第27回(1986年) - 斉藤洋 『ルドルフとイッパイアッテナ』 佳作:篠田静江『お習字ごっこ』、加本宇七 『ボクの大人フレンド』 第28回(1987年) - 新庄節美 『夏休みだけ探偵団 二丁目の犬小屋盗難事件』 佳作:川崎満知子『ぼくは童話ジョッキー』、片倉美登 『ぼくたちは●ほたる○』 第29回(1988年) - 該当作なし 佳作:白阪実世子『ふしぎなともだち ジャック・クローバー』、しんどうぎんこ『ぼくがイルカにのった少年になる日まで』、近藤尚子『ぼくの屋上にカンガルーがやってきた。

受賞作一覧

2019

第60回

2018

第59回

2017

第58回

2016

第57回

2015

第56回

2011

第52回

2010

第51回

2009

第50回

2008

第49回

2005

第46回

2004

第45回

2001

第42回

2000

第41回

1999

第40回

1998

第39回

1997

第38回

1996

第37回

1995

第36回

1994

第35回

1993

第34回

1992

第33回

1991

第32回

1990

第31回

1989

第30回

1987

第28回

1986

第27回

1985

第26回

1984

第25回

1982

第23回

1981

第22回

1980

第21回

1978

第19回

1977

第18回

1976

第17回

1974

第15回

1973

第14回

1972

第13回

1971

第12回

1970

第11回

1968

第9回

1966

第7回

1965

第6回

1964

第5回

1963

第4回

1962

第3回

1961

第2回

1960

第1回

関連トピックス

「怪盗クイーン」の歴史は、ここから始まった――。作家デビュー30周年、はやみねかおるの大人気リーズ「怪盗クイーン」の前史が明らかに! - PR TIMES ワクワク 憧れの人が先生 オーサー・ビジット2020希望校募集|好書好日 - 好書好日