受賞作ドットジェイピー

日本児童文学者協会賞

Wikipedia情報

日本児童文学者協会賞(にほんじどうぶんがくしゃきょうかいしょう)は、社団法人日本児童文学者協会が、児童文学の創作、評論・研究の優れた単行本に対して毎年与える賞。対象作品は、前年の1月から12月に刊行された単行本。前身として1951年から1960年まで9回にわたって雑誌掲載作品も賞の対象とした児童文学者協会児童文学賞があった。ほかに1968年からの日本児童文学者協会新人賞がある。一人で二度受賞することも少なくない。本賞のほか、特別賞が与えられることがあるほかジャンルやグレードにより複数受賞の年もある。 野間児童文芸賞と並び児童文学の代表的な賞であるが、野間児童文芸賞は前年8月から当年7月が対象で年度賞としては唯一のものである。なお、日本児童文学学会による日本児童文学学会賞というのもあり、これは研究に与えられるものである。 該当作がなかった年が2回(1982年、1997年)あったが、年度のベストを決める賞に「該当作なし」はふさわしくないという意見が1997年の折に出て、その後、必ず受賞作を決めている。

受賞作一覧

2022

第62回

2021

第61回

2020

第60回

2019

第59回

2018

第58回

2017

第57回

2016

第56回

2015

第55回

2014

第54回

2013

第53回

2012

第52回

2011

第51回

2010

第50回

2009

第49回

2008

第48回

2007

第47回

2006

第46回

2005

第45回

2004

第44回

2003

第43回

2002

第42回

2001

第41回

2000

第40回

1999

第39回

1998

第38回

1996

第36回

1995

第35回

1994

第34回

1993

第33回

1992

第32回

1991

第31回

1990

第30回

1989

第29回

1988

第28回

1987

第27回

1986

第26回

1985

第25回

1984

第24回

1983

第23回

1981

第21回

1980

第20回

1979

第19回

1978

第18回

1977

第17回

1976

第16回

1975

第15回

1974

第14回

1973

第13回

1972

第12回

1971

第11回

1970

第10回

1969

第9回

1968

第8回

1967

第7回

1966

第6回

1965

第5回

1964

第4回

1963

第3回

1962

第2回

1961

第1回

関連トピックス

『「ズッコケ三人組」の作家・那須正幹大研究 遊びは勉強 友だちは先生』をポプラ社より刊行【11月29日】 - PR TIMES 子どもの「楽しい!」を引き出す絵童話。文研出版より『どろろん ようかいの森 サンタクロースがやってきた!』を発売いたします。 - PR TIMES 里山のくらしと家族、友だちとのかかわりを描いた作品。文研出版より『さよ子のいた夏』を発売いたします。 - PR TIMES 関西弁で家族の絆描く「一富士茄子牛焦げルギー」 絵本作家たなかしん原作の朗読劇、新キャストで再演 - 神戸新聞NEXT 7 MEN 侍/ジャニーズJr. 今野大輝 初の単独主演舞台!オールナイトニッポン55周年 記念公演『明るい夜に出かけて』2023年3月・4月上演決定! - PR TIMES 「おふろイヤイヤ問題」に寄り添う絵本『りすのおふろやさん』重版記念! 5名様におふろグッズが当たるInstagramキャンペーンを実施。 - PR TIMES 平田オリザ氏によるワークショップ、コベルコ神戸スティーラーズ 応援バナー、新語・流行語大賞に選出 - やのこうじ(ヤノコウジ) | 選挙ドットコム - 自社