受賞作ドットジェイピー

角川短歌賞

Wikipedia情報

角川短歌賞(かどかわたんかしょう)は、KADOKAWAの社内ブランド・角川学芸出版が発行する月刊短歌誌『短歌』が毎年公募する未発表五十首の新作から選ばれる新人賞。短歌の新人賞の中では権威あるものの一つと歌壇では認識されている。歴代の受賞者の多くはいわゆる実力派へと成長しており、有名な歌人も多い。角川俳句賞と同時に設けられ、記念すべき第一回は1955年(昭和30年)であったが、該当作はなかった。該当作のなかった回はこれまでに五度あり、2021年(令和3年)には46年ぶりに「該当作なし」となった。第66回(2020年)の選考委員は松平盟子、坂井修一、俵万智、藪内亮輔の4名。受賞者には賞状と副賞として賞金30万円が贈られる。

受賞作一覧

2020

第66回

2019

第65回

2018

第64回

2017

第63回

2016

第62回

2015

第61回

2014

第60回

2013

第59回

2012

第58回

2011

第57回

2010

第56回

2009

第55回

2008

第54回

2007

第53回

2006

第52回

2005

第51回

2004

第50回

2003

第49回

2002

第48回

2001

第47回

2000

第46回

1999

第45回

1998

第44回

1997

第43回

1996

第42回

1995

第41回

1994

第40回

1993

第39回

1992

第38回

1991

第37回

1990

第36回

1989

第35回

1988

第34回

1987

第33回

1986

第32回

1985

第31回

1984

第30回

1983

第29回

1982

第28回

1981

第27回

1980

第26回

1979

第25回

1978

第24回

1977

第23回

1976

第22回

1974

第20回

1973

第19回

1972

第18回

1971

第17回

1969

第15回

1968

第14回

1967

第13回

1965

第11回

1964

第10回

1963

第9回

1962

第8回

1961

第7回

1960

第6回

1959

第5回

1958

第4回

1957

第3回

1956

第2回

関連トピックス

工藤さんに角川短歌賞 - 山陰中央新報社 俵万智さん 短歌を詠むことで、「私の知らない私」に出会える - 大手小町 自己模倣の迷宮に入らず変化し続けた 歌人・河野裕子をしのぶシンポ:朝日新聞デジタル - 朝日新聞デジタル 短文の名手に学ぶ「言語感覚」 - 朝日新聞デジタル