受賞作ドットジェイピー

泉鏡花賞

Wikipedia情報

泉鏡花文学賞(いずみきょうかぶんがくしょう)は、泉鏡花生誕100年を記念して1973年に制定された、金沢市によって主催される文学賞である。以降年一回発表され、受賞は選考委員の合議によって決定される。受賞者には正賞として八稜鏡、副賞として100万円(2017年現在)が授与される。併設されている賞として泉鏡花記念金沢市民文学賞があり、金沢市に地縁のある者のみが選考対象となる。 対象は小説や戯曲などの単行本で「ロマンの薫り高い作品」となっているが、第30回の野坂昭如のように作家個人の業績も選考に含まれることがある。第16回の吉本ばななのようにデビューしたばかりの新人が受賞することもあれば、第39回の瀬戸内寂聴のようにベテランが受賞することもある。

受賞作一覧

2021

第49回

2020

第48回

2019

第47回

2018

第46回

2017

第45回

2016

第44回

2015

第43回

2014

第42回

2013

第41回

2012

第40回

2011

第39回

2010

第38回

2009

第37回

2008

第36回

2007

第35回

2006

第34回

2005

第33回

2004

第32回

2003

第31回

2002

第30回

2001

第29回

2000

第28回

1999

第27回

1998

第26回

1997

第25回

1996

第24回

1995

第23回

1993

第21回

1992

第20回

1991

第19回

1990

第18回

1989

第17回

1988

第16回

1987

第15回

1986

第14回

1985

第13回

1984

第12回

1983

第11回

1982

第10回

1981

第9回

1980

第8回

1979

第7回

1978

第6回

1977

第5回

1976

第4回

1975

第3回

1974

第2回

1973

第1回

関連トピックス

瀬戸内寂聴さんがこの世を去る前に語ったメッセージ| - @DIME 芥川賞作家・柳美里さんが手掛ける「演劇アトリエを、小劇場兼ミニシアターへ全面改修するプロジェクト」実施中 - PR TIMES 横尾忠則「絵画は行為そのものが肉体的 三島由紀夫のように強調する必要はない」 - goo.ne.jp 画家と小説家の違いは? 横尾忠則、画家は「何も考えない空っぽの状態で創造的に」 - goo.ne.jp