受賞作ドットジェイピー

高見順賞

Wikipedia情報

高見順賞(たかみじゅんしょう)は毎年優れた詩人に贈られる文学賞である。高見順文学振興会が主催する。毎年12月1日から翌年11月30日までに刊行された作品を対象とし、1月に決定発表される。選考委員は瀬尾育生、吉増剛造、荒川洋治、井坂洋子、野村喜和夫の各氏(2012年度)。 受賞作 第1回から第10回 第1回(1971年) 三木卓 『わがキディ・ランド』 (思潮社) 吉増剛造 『黄金詩篇』 (思潮社) 第2回(1972年) 粕谷栄市 『世界の構造』 (詩学社) 第3回(1973年) 中江俊夫 『語彙集』 (思潮社) 第4回(1974年) 吉原幸子 『オンディーヌ』 (思潮社)、『昼顔』 (サンリオ出版) 第5回(1975年) 飯島耕一 『ゴヤのファースト・ネームは』 (青土社) 第6回(1976年) 谷川俊太郎 『定義』、『夜中に台所でぼくはきみに話しかけたかった』(辞退) 第7回(1977年) 吉岡実 『サフラン摘み』 (青土社) 第8回(1978年) 粒来哲蔵 『望楼』 (花神社) 第9回(1979年) 長谷川龍生 『詩的生活』(思潮社) 第10回(1980年) 渋沢孝輔 『廻廊』 (思潮社) 第11回から第20回 第11回(1981年) 安藤元雄 『水の中の歳月』 (思潮社) 第12回(1982年) 鷲巣繁男 『行為の歌』 (小沢書店) 第13回(1983年) 入沢康夫 『死者たちの群がる風景』 (河出書房新社) 第14回(1984年) 三好豊一郎 『夏の淵』 (小沢書店) 第15回(1985年) 天沢退二郎 『〈地獄〉にて』 (思潮社) 第16回(1986年) 新藤凉子 『薔薇ふみ』 (思潮社) 岡田隆彦 『時に岸なし』 (思潮社) 第17回(1987年) 川崎洋 『ビスケットの空カン』 (花神社) 第18回(1988年) 高橋睦郎 『兎の庭』 (書肆山田) 松浦寿輝 『冬の本』 (青土社) 第19回(1989年) 阿部岩夫 『ベーゲェット氏』 (思潮社) 高柳誠 『都市の肖像』 (書肆山田) 第20回(1990年) 岩成達也 『フレベヴリィ・ヒツポポウタムスの唄』 (思潮社) 第21回から第30回 第21回(1991年) 小長谷清実 『脱けがら狩り』 (思潮社) 辻征夫 『ヴェルレーヌの余白に』 (思潮社) 第22回(1992年) 佐々木幹郎 『蜂蜜採り』 (書肆山田) 第23回(1993年) 辻井喬 『群青、わが黙示』 (思潮社) 新井豊美 『夜のくだもの』 (思潮社) 第24回(1994年) 吉田加南子 『定本-闇』 (思潮社) 第25回(1995年) 井坂洋子 『地上がまんべんなく明るんで』 (思潮社) 第26回(1996年) 瀬尾育生 『DEEP PURPLE』 (思潮社) 第27回(1997年) 白石かずこ 『現れるものたちをして』 (書肆山田) 第28回(1998年) 荒川洋治 『渡世』 (筑摩書房) 第29回(1999年) 塔和子 『記憶の川で』 (編集工房ノア) 第30回(2000年) 小池昌代 『もっとも官能的な部屋』 (書肆山田) 野村喜和夫 『風の配分』 (水声社) 第31回から第40回 第31回(2001年) 田口犬男 『モー将軍』 (思潮社) 第32回(2002年) 鈴木志郎康 『胡桃ポインタ』 (書肆山田) 阿部日奈子 『海曜日の女たち』 (書肆山田) 第33回(2003年) 藤井貞和 『ことばのつえ、ことばのつえ』 (思潮社) 第34回(2004年) 中上哲夫 『エルヴィスが死んだ日の夜』 (書肆山田) 第35回(2005年) 相澤啓三 『マンゴー幻想』 (書肆山田) 建畠晢 『零度の犬』 (書肆山田) 第36回(2006年) 伊藤比呂美 『河原荒草』 (思潮社) 第37回(2007年) 岬多可子 『桜病院周辺』 (書肆山田) 第38回(2008年) 北川透 『溶ける、目覚まし時計』 (思潮社) 稲川方人 『聖-歌章』 (思潮社) 第39回(2009年) 高貝弘也 『子葉声韻』 (思潮社) 第40回(2010年) 岡井隆 『注解する者』 (思潮社) 岸田将幸『〈孤絶―角〉』(思潮社) 第41回から 第41回(2011年) 金時鐘『失くした季節』(藤原書店) 第42回(2012年) 辺見庸『眼の海』(毎日新聞社) 第43回(2013年) 川上未映子『水瓶』(青土社) 第44回(2014年) 吉田文憲『生誕』(思潮社) 第45回(2015年) 杉本真維子『裾花』(思潮社) 第46回(2016年) 財部鳥子『氷菓とカンタータ』(書肆山田) 川口晴美『Tiger is here.』(思潮社) 外部リンク 財団法人 高見順文学振興会。

受賞作一覧

2019

第49回

2018

第48回

2017

第47回

2016

第46回

2015

第45回

2014

第44回

2013

第43回

2012

第42回

2011

第41回

2010

第40回

2009

第39回

2008

第38回

2007

第37回

2006

第36回

2005

第35回

2004

第34回

2003

第33回

2002

第32回

2001

第31回

2000

第30回

1999

第29回

1998

第28回

1997

第27回

1996

第26回

1995

第25回

1994

第24回

1993

第23回

1992

第22回

1991

第21回

1990

第20回

1989

第19回

1988

第18回

1987

第17回

1986

第16回

1985

第15回

1984

第14回

1983

第13回

1982

第12回

1981

第11回

1980

第10回

1979

第9回

1978

第8回

1977

第7回

1976

第6回

1975

第5回

1974

第4回

1973

第3回

1972

第2回

1971

第1回

関連トピックス

ケルトの装飾文化研究の第一人者、研究成果の総集編 - ニコニコニュース 【週刊グランドスラム21】2019年度社会人野球表彰式が開催される - スポーツナビ