受賞作ドットジェイピー

カンヌ国際映画祭

Wikipedia情報

カンヌ国際映画祭(カンヌこくさいえいがさい、仏: Festival International du Film de Cannes)は、1946年にフランス政府が開催して以来、毎年5月(1948年、1950年は中止)にフランス南部コート・ダジュール沿いの都市カンヌで開かれている世界で最も有名な国際映画祭の一つ。単にカンヌ映画祭(Festival de Cannes)とも呼ばれる。 カンヌ国際映画祭はベルリン国際映画祭、ヴェネツィア国際映画祭と併せ、世界三大映画祭の一つである。 併設されている国際見本市(マーケット)もMIFED、American Film Marketと並び世界三大マーケットのひとつである。マーケットには例年800社、数千人の映画製作者(プロデューサー)、バイヤー、俳優などが揃い、世界各国から集まる映画配給会社へ新作映画を売り込むプロモーションの場となっている。とりわけ、世界三大映画祭と世界三大マーケットが同時に開催されるのはカンヌだけであるため、世界中のマスメディアから多大な注目が集まり、毎回全世界から数多くの俳優、映画製作者が出席する。

受賞作一覧

2019

第72回

2018

第71回

2017

第70回

2016

第69回

2015

第68回

2014

第67回

2013

第66回

2012

第65回

2011

第64回

2010

第63回

2009

第62回

2008

第61回

2007

第60回

2006

第59回

2005

第58回

2004

第57回

2003

第56回

2002

第55回

2001

第54回

2000

第53回

1999

第52回

1998

第51回

1997

第50回

1996

第49回

1995

第48回

1994

第47回

1993

第46回

1992

第45回

1991

第44回

1990

第43回

1989

第42回

1988

第41回

1987

第40回

1986

第39回

1985

第38回

1984

第37回

1983

第36回

1982

第35回

1981

第34回

1980

第33回

1979

第32回

1978

第31回

1977

第30回

1976

第29回

1975

第28回

1974

第27回

1973

第26回

1972

第25回

1971

第24回

1970

第23回

1969

第22回

1967

第20回

1966

第19回

1965

第18回

1964

第17回

1963

第16回

1962

第15回

1961

第14回

1960

第13回

1959

第12回

1958

第11回

1957

第10回

1956

第9回

1955

第8回

1954

第7回

1953

第6回

1952

第5回

1951

第4回

1949

第3回

1946

第1回

関連トピックス

カンヌ映画祭延期に審査委員長のスパイク・リーがコメント - 映画.com 新型コロナで延期のカンヌ映画祭、会場でホームレス受け入れ - ロイター 【クリップボード】国際映画祭が相次いで延期 - 産経ニュース SXSWグランプリ『サンダーロード』公開決定 ─ 世界の映画祭が熱狂「奇跡の1テイク12分間」が長編映画化 - THE RIVER 『パラサイト』興行収入45億円を突破!(シネマトゥデイ) - Yahoo!ニュース アントニオ・バンデラスがキャリア最高の演技を見せる『ペイン・アンド・グローリー』予告 - クランクイン! 韓流ライター・安部裕子が語る、韓国映画ムーブメント - ホミニス 『世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ』 100パーセント国民ファーストな生き方を追う - 47NEWS 『新感染』続編、初映像公開!カン・ドンウォン主演で4年後描く - cinemacafe.net マラドーナの誰も見たことない、誰も知らない波瀾万丈な人生 ドキュメンタリー予告完成 - クランクイン! UPLINK京都「見逃した映画特集」で113本超上映、オープニング企画が続々決定(映画ナタリー) - Yahoo!ニュース 春の新聞週間 活字に触れ、心ふるわせ - 毎日新聞