受賞作ドットジェイピー

ブルーリボン賞

Wikipedia情報

ブルーリボン賞(ブルーリボンしょう)は、1950年(昭和25年)に創設された日本の映画賞である。 現在の主催は、東京のスポーツ7紙(スポーツ報知・デイリースポーツ・サンケイスポーツ・東京中日スポーツ・東京スポーツ・スポーツニッポン・日刊スポーツ)の映画担当記者で構成された「東京映画記者会」。当初は「東京映画記者会賞」の名称でスタートしたが後に「ブルーリボン賞」に改称された。ブルーリボン賞は加盟各社の合資と映画会社からの賛助金によって運営され、作品賞・個人賞計8部門の賞を毎年1月に発表、2月に授賞式が行われる。

受賞作一覧

2021

第63回

2020

第62回

2019

第61回

2018

第60回

2017

第59回

2016

第58回

2015

第57回

2014

第56回

2013

第55回

2012

第54回

2011

第53回

2010

第52回

2009

第51回

2008

第50回

2007

第49回

2006

第48回

2005

第47回

2004

第46回

2003

第45回

2002

第44回

2001

第43回

2000

第42回

1999

第41回

1998

第40回

1997

第39回

1996

第38回

1995

第37回

1994

第36回

1993

第35回

1992

第34回

1991

第33回

1990

第32回

1989

第31回

1988

第30回

1987

第29回

1986

第28回

1985

第27回

1984

第26回

1983

第25回

1982

第24回

1981

第23回

1980

第22回

1979

第21回

1978

第20回

1977

第19回

1976

第18回

1967

第17回

1966

第16回

1965

第15回

1964

第14回

1963

第13回

1962

第12回

1961

第11回

1960

第10回

1959

第9回

1958

第8回

1957

第7回

1956

第6回

1955

第5回

1954

第4回

1953

第3回

1952

第2回

1951

第1回

関連トピックス

草なぎ剛はやっぱり「共演NG」!?岡田准一「ノミネート」ブルーリボン賞の寂しい裏側と日本アカデミー賞で木村拓哉が「禁断のSMAP並び」を回避できないワケ! - 日刊大衆 日本墨書会展、28日開幕 最高賞に鯖江・西岡さん /福井 - 毎日新聞 新人賞4冠の注目俳優・奥平大兼、ドラマ「卒業式に、神谷詩子がいない」に出演(シネマトゥデイ) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 「大事なのは“許す”こと。青臭いけれど、そういうことを感じてもらえたら」映画「前科者」岸善幸監督インタビュー - フジテレビュー!! 新人賞4冠の奥平大兼、「早朝始発の殺風景」で連ドラ初主演!「強く責任感を感じました」(WEBザテレビジョン) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 「新幹線」の車両人気ランキングNo.1が決定! 第3位はE7系/W7系!(ねとらぼ) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 懐かしい「ロマンスカーミュージアム」 わくわくしてもらえる場所に(毎日新聞) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 三國連太郎に道を開いてもらった宝塚OGがはじめた「恩返し」(FRIDAY) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 奥平大兼、スクリーン2作目で世界へ!映画「マイスモールランド」ベルリン国際映画祭正式招待が決定(WEBザテレビジョン) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 奥平大兼&南沙良、ZIP! 朝ドラマ『サヨウナラのその前に』火曜・水曜の主役に決定(クランクイン!) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 南沙良主演映画「この子は邪悪」公開決定 共演になにわ男子・大西流星、桜井ユキ、玉木宏【コメントあり】(TV LIFE web) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 奥平大兼、「ZIP!」内ショートドラマ「サヨウナラのその前に」火曜日の主役に決定!(WEBザテレビジョン) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 【安藤サクラインタビュー】時代劇専門チャンネルのオリジナル時代劇「殺すな」 いよいよ劇場上映・テレビ初放送! - 文春オンライン 2022年はコロナ禍の新たなスタートとなる”中小企業元年”『中小企業からニッポンを元気にプロジェクト』1月13日(木)より第3期始動 - PR TIMES